有馬記念

今週は、今年の総決算・有馬記念が、中山競馬場の芝2500mを舞台に繰り広げられる。そこで、オーストラリアのタスマニアで騎手兼調教師として奮戦している西谷泰宏による馬体診断予想、「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」の竹内裕也による驚異の馬券術G1予想を掲載。さらに前哨戦を振り返る。

■西谷泰宏

朝日杯FS 馬連660円 的中 チャンピオンズC 3連単8980円 的中! マイルCS 馬連840円 的中! 天皇賞・秋 馬連920円 的中!

■竹内裕也

ジャパンカップ 馬連2900円 的中! エリザベス女王杯 馬連3380円 的中!

◆ コンテンツメニュー ◆

予想者・解説者プロフィール
西谷泰宏

西谷泰宏(にしたに・やすひろ)

オーストラリアの競馬学校を経て、2006年に騎手免許を取得。通算1545戦70勝(タスマニア、岩手競馬、キングアイランドにて)。2014年は岩手競馬で2ヶ月の短期騎手免許で騎乗し107戦6勝。2016年には調教師免許を取得し、タスマニア初の騎手と調教師の二刀流ライセンスを保持。当面の最大目標はメルボルンカップ制覇。厩舎のスタイルは「一頭入魂」。タスマニアの地の利を活かし、あらゆるアプローチからG1制覇が出来る馬作り・厩舎作りを目指している。


有馬記念
12月22日 中山11R 芝2500m

西谷 竹内 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1     スカーレットカラー 牝4 55.0 岩田康誠
1 2     スワーヴリチャード 牡5 57.0 マーフィ
2 3     エタリオウ 牡4 57.0 横山典弘
2 4     スティッフェリオ 牡5 57.0 丸山元気
3 5     フィエールマン 牡4 57.0 池添謙一
3 6     リスグラシュー 牝5 55.0 レーン
4 7     ワールドプレミア 牡3 55.0 武豊
4 8     レイデオロ 牡5 57.0 三浦皇成
5 9     アーモンドアイ 牝4 55.0 ルメール
5 10     サートゥルナーリア 牡3 55.0 スミヨン
6 11     キセキ 牡5 57.0 ムーア
6 12     クロコスミア 牝6 55.0 藤岡佑介
7 13     アルアイン 牡5 57.0 松山弘平
7 14     ヴェロックス 牡3 55.0 川田将雅
8 15     アエロリット 牝5 55.0 津村明秀
8 16     シュヴァルグラン 牡7 57.0 福永祐一

 アーモンドアイは天皇賞・秋でダノンプレミアムに3馬身差の完勝。香港Cは回避したが、状態は悪くない。ここでも当然中心の存在だ。
 リスグラシューは宝塚記念でキセキに3馬身差をつけて勝利。前走は豪州G1のコックスプレートを制した。引退レースを勝利で飾りたい。
 前走のジャパンカップで2つ目のG1タイトルを獲得したスワーヴリチャード。マーフィーを背にG1連勝を狙う。
 ワールドプレミアは菊花賞を勝って最後の一冠を手にした。勢いに乗る3歳馬だけに侮れない。
 そのほか得意の右回りで巻き返しを狙う3歳馬サートゥルナーリア、凱旋門賞帰りの実力馬フィエールマンキセキ、3歳クラシック全てで馬券に絡んだヴェロックス、これが引退レースになるアエロリットレイデオロシュヴァルグランアルアインの走りにも注目しよう。(KOL編集部)



の予想

スワーヴリチャード

【2019年有馬記念出走前】
写真:競馬ブック
馬体からは2,500mは問題ないように見え、この距離に対してしっかり仕上がっているが、全体的にやや硬く見え、少し疲れがあるのではないかという不安が残る。当日の馬体重大幅減やパドックで元気がなければマイナス材料にしたい。

アエロリット

前走の疲れは見受けられず、状態は更に良くなっているように見え、当馬のタフさには敬服する。コンパクトな馬体で見た目からは1,800mくらいまでが限界に見えるが、このタフな体と精神で前走同様のパフォーマンスは出来るだろう。

アーモンドアイ

前走から皮下脂肪は更に薄くなりしっかりと引き締まった体で、疲れも見えない。トモは前走ではふっくらしていたが今回はギュっと締まって見えるので、少しくらいの馬体重減は許容範囲といえる。前駆と後駆のバランスは素晴らしく、このレースでも名馬として印象に残るレースをして欲しい。

ヴェロックス

首・胴・脚の長さ・肩の深さと、全てが長距離として必要なものを備えている馬体で、トモと腰は前走以上の出来に見える。少し瞬発力が足りなく、決め手にかけるのが勝ち切れない要因かと思うので、内枠を引ければ距離的有利を使ってしぶとく先行粘りが出来るのではないかと思う。どちらにせよ大崩れしない安定した馬と言えるだろう。

 

(西谷泰宏氏の馬体診断完全版は、有料会員ページでご覧いただけます!)

 

西谷調教師推薦の馬が抽選で当たる!

西谷調教師が選んだオーストラリアの馬の1年間馬主権をプレゼント!下のバナーをクリック

西谷調教師推薦の馬

予想者・解説者プロフィール
竹内裕也

竹内裕也(たけうち・ゆうや)

愛知県名古屋市出身。10代の頃から競馬を見るようになり、勝負事が好きだったことで必然的に馬券に興味を持つようになった。最初に好きになった馬はサイレンススズカ。2011年「ミリオンダラー馬券術」をベストセラーズより発売(Amazon ギャンブルカテゴリー1位)。2013年より「ミリオンダラー馬券術」が競馬最強の法則に約1年間連載され、2014年に「ミリオンダラー種牡馬」をベストセラーズより発売(Amazon ギャンブルカテゴリー1位)。2019年に最新作「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」を競馬道OnLine選書シリーズから発売。

公式サイトはこちら
Lineはこちら
You Tubeチャンネルはこちら
ツイッターはこちら

竹内裕也の予想

ミリオンダラー馬券術的G1予想

 令和最初の有馬記念。2019年はディープインパクトやキングカメハメハなどの偉大な存在が天に召されてしまいました。そんな中で彼ら以上の伝説を作り彼ら以上の怪物と呼ばれる存在になりつつあるアーモンドアイが香港を回避して有馬記念に登場します。更には古豪の牝馬がいる中で「女性の時代が到来する」かもしれません。しかしG1馬が11頭登録しているわけですからそう簡単ではないでしょう。歴戦の牡馬達が揃っている上に「癖のある3歳トリオ」も揃って見参。男女の戦いに世代闘争、そして過去との戦いなど今年の有馬記念はテーマがとても多いと感じます。「私の夢は」なんて言葉が有馬記念で使われることがありますが、まさにその私の夢はやんちゃ坊主に背負ってもらうことにしました。

 

(竹内裕也氏の予想は有料会員ページでご覧いただけます!)

 


※ミリオンダラー馬券術とは
・競馬ブックのレイティングを使用。出走馬全体の数値から前走のレースレベルを7つに分けて予想する
・競馬ブックの予想単勝オッズを用いた予想法。1~4番人気の数値から、傾向を出して狙いを定める


ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)

調教専門ソフト「競馬道調教マスター」が登場!

「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」は、競馬ブックを愛する作者が競馬道OnLine編集部とコラボした書籍。馬券術の心臓部レイティング(R)レベルの進化形 AAAA (クアッドエー)が登場。

竹内裕也の著作「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」をもっと知りたい人はコチラ

竹内裕也の著作「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」のご購入はコチラ


前哨戦Check!競馬道OnLine編集部による回顧

ステップレース1 天皇賞・秋(G1)

2019年 10月 27日(日) 東京11R 天皇賞・秋 16頭 芝 2000m

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 人気
1 2 アーモンドアイ 牝4 56 ルメール 1.56.2 1
2 9 ダノンプレミアム 牡4 58 川田 3 3
3 5 アエロリット 牝5 56 戸崎 クビ 6
4 6 ユーキャンスマイル 牡4 58 岩田康 クビ 7
5 14 ワグネリアン 牡4 58 福永 クビ 4
アーモンドアイの強さが光ったレースだった。道中、好位につけたアーモンドアイは直線最内に進路を取り、追いすがるダノンプレミアムを3馬身引き離して完勝した。逃げたアエロリットは3着に粘った。ユーキャンスマイルとワグネリアンは後方待機から追い込み、4、5着。サートゥルナーリアは古馬初対戦の厳しい流れと、左回りがあまり上手ではないのか6着に敗れた。スワーヴリチャードは中団のまま7着。

ステップレース2 ジャパンカップ(G1)

2019年 11月24日(日) 東京11R ジャパンカップ 15頭 芝2400m

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム
1 5 スワーヴリチャード 牡5 57 マーフィ 2.25.9 3
2 1 カレンブーケドール 牝3 53 津村 3/4 5
3 2 ワグネリアン 牡4 57 川田 1 1/2 2
4 14 マカヒキ 牡6 57 武豊 1 3/4 12
5 6 ユーキャンスマイル 牡4 57 岩田康 クビ 4
重馬場でタフな競馬となったジャパンカップ。ダイワギャグニーが快調に飛ばす展開。残り200mで3歳牝馬のカレンブーケドールが先頭に躍り出ようとした瞬間、最内からスワーヴリチャードが抜け出す。そのまま力強く駆け抜けて先頭でゴール。カレンブーケドールは3/4馬身差の2着。一番人気に支持されたレイデオロはいいところがなく11着。シュヴァルグランも9着に敗れた。

ステップレース3 菊花賞(G1)

2019年 10月20日(日) 京都11R 菊花賞 18頭 芝3200m

性齢 斤量 騎手 タイム
1 5 ワールドプレミア 牡3 57 武豊 3.06.0 3
2 14 サトノルークス 牡3 57 福永 クビ 8
3 13 ヴェロックス 牡3 57 川田 1 1
4 6 ディバインフォース 牡3 57 横山典 3/4 16
5 8 メロディーレーン 牝3 55 坂井瑠 クビ 12

 

皐月賞とダービーで馬券に絡んだヴェロックスが1番人気に支持され、最後の一冠を獲得できるかに注目が集まった。道中4番手を追走したヴェロックスは、直線に入ると満を持して先頭に立つ。4コーナーで最内に進路を取ったワールドプレミアが抜け出して押し切った。ヴェロックスはゴール前でサトノルークスに差されて3着。

エルちゃんの予想

「エルの激走指数」でおなじみ、恵王エルの予想は下のバナーをクリック。「恵王エルのススメ!三冠らじお」もチャックしよう。

恵王エルの予想はこちら