秋華賞

今週は、牝馬No.1決定戦・エリザベス女王杯が、京都競馬場の芝2200mを舞台に繰り広げられる。そこで、オーストラリアのタスマニアで騎手兼調教師として奮戦している西谷泰宏による馬体診断予想、「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」の竹内裕也による驚異の馬券術G1予想を掲載。さらに前哨戦を振り返る。

■竹内裕也

エリザベス女王杯 馬連3380円 的中!

■西谷泰宏

天皇賞・秋 馬連920円 的中!

◆ コンテンツメニュー ◆

予想者・解説者プロフィール
西谷泰宏

西谷泰宏(にしたに・やすひろ)

オーストラリアの競馬学校を経て、2006年に騎手免許を取得。通算1545戦70勝(タスマニア、岩手競馬、キングアイランドにて)。2014年は岩手競馬で2ヶ月の短期騎手免許で騎乗し107戦6勝。2016年には調教師免許を取得し、タスマニア初の騎手と調教師の二刀流ライセンスを保持。当面の最大目標はメルボルンカップ制覇。厩舎のスタイルは「一頭入魂」。タスマニアの地の利を活かし、あらゆるアプローチからG1制覇が出来る馬作り・厩舎作りを目指している。


エリザベス女王杯
11月10日 京都11R 芝2200m

西谷 竹内 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1     ブライトムーン 牝5 56.0 福永祐一
1 2     ラッキーライラック 牝4 56.0 スミヨン
2 3     シャドウディーヴァ 牝3 54.0 松山弘平
2 4     ウラヌスチャーム 牝4 56.0 マーフィ
3 5     ポンデザール 牝4 56.0 藤岡康太
3 6     クロコスミア 牝6 56.0 藤岡佑介
4 7     レイホーロマンス 牝6 56.0 岩崎翼
4 8     クロノジェネシス 牝3 54.0 北村友一
5 9     アルメリアブルーム 牝5 56.0 武豊
5 10     フロンテアクイーン 牝6 56.0 津村明秀
6 11     ラヴズオンリーユー 牝3 54.0 M.デム
6 12     センテリュオ 牝4 56.0 ルメール
7 13     サトノガーネット 牝4 56.0 坂井瑠星
7 14     ゴージャスランチ 牝4 56.0 幸英明
7 15     ミスマンマミーア 牝4 56.0 浜中俊
8 16     スカーレットカラー 牝4 56.0 岩田康誠
8 17     サラキア 牝4 56.0 川田将雅
8 18     レッドランディーニ 牝4 56.0 池添謙一

 クロノジェネシスは秋華賞を休み明けで快勝してG1初制覇。叩いた上積みはあり、さらに良い状態でこのレースに臨めそうだ。
 ラヴズオンリーユーは右前脚の炎症で秋華賞を見送り、ぶっつけとなる。強いオークス馬が、無敗記録を更新するか?
 ここのところ勝ち星から見放されている17年の2歳女王ラッキーライラック。乗り替わりのスミヨンの騎乗に注目が集まる。
 そのほか府中牝馬Sで重賞初制覇を達成したスカーレットカラー、2年連続エリザベス女王杯2着のクロコスミア、牝馬重賞で常に上位に顔を出すフロンテアクイーン、京都コースが得意なセンテリュオ、4連勝中と勢いに乗るポンデザールなどが出走を予定している。(KOL編集部)



の予想

ラッキーライラック

【2019年エリザベス女王杯出走前】
写真:競馬ブック
前走は大幅に馬体重が増加していたが、そこで3着、今回の馬体からも太め感は全くなく状態はさらに上向いていてよいと考える。首や胴の長さからは2,200mは問題なさそうに見えるので、ここは改めて期待したい。馬体重は前走より距離が2ハロン長くなるので、すこしでも減っていればプラス材料と考えたい。

ウラヌスチャーム

スケールのある馬体で前駆と後駆のバランスも良く、胴の長さも中距離に向いている馬体に見える。前走2,400mを使った事で若干スッキリして見えるが、トモの頂点部分の筋肉は盛り上がり、本レースに向けてしっかりと仕上がっている。

クロコスミア

馬体は小さめだが、背中から腰の筋肉が素晴らしく見える馬体をしている。バランスは整っているが、胴の長さや繋ぎの立ち方からは、もう少し短い距離が良いのではないかと思えるのだが、過去2年の当レースの実績を考慮すると距離は十分持つのだろう。レースを使ってきてはいるが、これも前年と同様のローテーションで馬体としては前年以上。疲れも見えず状態はかなり良好に見える。

スカーレットカラー

背中から腰つきの部分がとても強く見える馬体をしていて好印象。前走・前々走との見た目の違いを強いて挙げるならば、馬体から硬さが見えなくなった点だろう。2,200mをしっかり走れそうな馬体をしており、距離適性は問題ないように見える。

 

(西谷泰宏氏の馬体診断完全版は、有料会員ページでご覧いただけます!)

 

西谷調教師推薦の馬が抽選で当たる!

西谷調教師が選んだオーストラリアの馬の1年間馬主権をプレゼント!下のバナーをクリック

西谷調教師推薦の馬

予想者・解説者プロフィール
竹内裕也

竹内裕也(たけうち・ゆうや)

愛知県名古屋市出身。10代の頃から競馬を見るようになり、勝負事が好きだったことで必然的に馬券に興味を持つようになった。最初に好きになった馬はサイレンススズカ。2011年「ミリオンダラー馬券術」をベストセラーズより発売(Amazon ギャンブルカテゴリー1位)。2013年より「ミリオンダラー馬券術」が競馬最強の法則に約1年間連載され、2014年に「ミリオンダラー種牡馬」をベストセラーズより発売(Amazon ギャンブルカテゴリー1位)。2019年に最新作「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」を競馬道OnLine選書シリーズから発売。

公式サイトはこちら
Lineはこちら
You Tubeチャンネルはこちら
ツイッターはこちら

竹内裕也の予想

ミリオンダラー馬券術的G1予想

 戸崎圭太騎手がJBCで落馬負傷、デットーリ騎手がメルボルンカップで騎乗停止、中央競馬にも影響が出る事案が連続して起こった中で迎えるエリザベス女王杯。
 雪辱に燃える馬もいれば勢いのままに女王の名を狙う馬が揃う中で無敗のオークス馬ラヴズオンリーユーが約半年ぶりに始動するなど波乱の空気も立ち込めており馬券的には面白いレースとなりました。過去10年ではスノーフェアリー以外の1番人気が全て負けており、ここ3年連続で外人騎手の勝利となっているエリザベス女王杯。1番人気が久々に意地を見せるのか、日本人騎手の巻き返しはあるのか。若い騎手からベテラン騎手まで揃った今年は全ての騎手にとって実力を証明することができる構図にも見えますので、競馬ファンとしても予想が楽しいレースとなったのではないでしょうか。

 

(竹内裕也氏の予想は有料会員ページでご覧いただけます!)

 


ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)

調教専門ソフト「競馬道調教マスター」が登場!

「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」は、競馬ブックを愛する作者が競馬道OnLine編集部とコラボした書籍。馬券術の心臓部レイティング(R)レベルの進化形 AAAA (クアッドエー)が登場。

竹内裕也の著作「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」をもっと知りたい人はコチラ

竹内裕也の著作「ミリオンダラー馬券術AAAA(クアッドエー)」のご購入はコチラ


前哨戦Check!競馬道OnLine編集部による回顧

ステップレース1 秋華賞(G1)

2019年 10月 13日(日) 京都11R 秋華賞 18頭 芝 2000m

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 人気
1 5 クロノジェネシス 牝3 55 北村友 1.59.9 4
2 8 カレンブーケドール 牝3 55 津村 2 2
3 14 シゲルピンクダイヤ 牝3 55 和田竜 1 1/2 10
4 9 シャドウディーヴァ 牝3 55 松山 1/2 13
5 7 ビーチサンバ 牝3 55 福永 クビ 6
桜花賞馬グランアレグリアとオークス馬ラヴズオンリーユーが不在。ビーチサンバが逃げ、コントラチェックが2番手の展開。1000m通過は58秒3と稍重の馬場にしては速い流れとなった。道中5、6番手を追走したクロノジェネシスは、直線に入ると力強く抜け出して完勝。2馬身差の2着はカレンブーケドール。オークスの3、2着馬が1、2着となった。3着は桜花賞2着馬のシルクピンクダイヤが入り、春のクラシックの上位馬が強さを見せつけた。1番人気のダノンファンタジーは4着に敗れた。

ステップレース2 府中牝馬S(G2)

2019年 10月14日(月) 東京11R 府中牝馬S 16頭 芝1800m

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 人気
1 8 スカーレットカラー 牝4 54 岩田康 1.44.5 4
2 6 フロンテアクイーン 牝6 54 津村 1 1/4 9
3 15 ラッキーライラック 牝4 54 石橋脩 1/2 2
4 4 オールフォーラヴ 牝4 54 川田 1/2 7
5 13 クロコスミア 牝6 54 戸崎 1 1/4 3
エイシンティンクルの逃げでレースは進む。直線半ばでラッキーライラックが抜け出したところを、外からフロンテアクイーンが襲い掛かり、さらにその外をスカーレットカラーが強襲して差し切った。1番人気のプリモシーンは距離が1ハロン長かったためか、15着に大敗した。スカーレットカラーはマーメイドS3着、クイーンS2着と来て、ここで重賞初制覇となった。

ステップレース3 オークス(G1)

2019年 5月19日(日) 東京11R オークス 18頭 芝2400m

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 人気
1 13 ラヴズオンリーユー 牝3 55 Mデムー 2.22.8 1
2 10 カレンブーケドール 牝3 55 津村 クビ 12
3 2 クロノジェネシス 牝3 55 北村友 2 1/2 2
4 12 ウィクトーリア 牝3 55 戸崎 クビ 6
5 8 ダノンファンタジー 牝3 55 川田 アタマ 4

 

桜花賞馬のグランアレグリアが距離不安のためNHKマイルCに向かい不在。単勝1番人気はラヴズオンリーユーで4.0倍と戦前は混戦模様だった。ジョディーが逃げてコントラチャックが追う展開。残り300m地点で12番人気のカレンブーケドールが先頭に踊り出ると、そのまま後続を引き離す。そこを中段に待機していたラヴズオンリーユーが鋭く伸びて差し切った。カレンブーケドールはラヴズオンリーユーに差された後もしぶとく粘ってクビ差の2着。3着は2馬身半差でクロノジェネシス。勝ち時計はレースレコードの2分22秒8。ラヴズオンリーユーは史上5頭目となる無敗のオークス制覇を成し遂げた。

エルちゃんの予想

「エルの激走指数」でおなじみ、恵王エルの予想は下のバナーをクリック。「恵王エルのススメ!三冠らじお」もチャックしよう。

恵王エルの予想はこちら