重賞データcheck

 今週は今年を締めくくるグランプリ・有馬記念が中山芝2500mで行われる。さらに、阪神カップも開催される。そこで、過去のデータからこれらの重賞レースの傾向を占う。

            Clip to Evernote

◆ コンテンツメニュー ◆

第62回 有馬記念(G1)

写真:競馬ブック

12月24日(日) 中山競馬場 芝2500m

 その年の3歳~古馬芝戦線を締めくくる大一番、グランプリ・有馬記念。過去にはシンザンやシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトなど、歴史に名を残す名馬が数多く優勝。13~14年には、ここを引退レースに定めたオルフェーヴル、そしてジェンティルドンナと、2頭の三冠馬が見事に有終の美を飾っている。また、05年のハーツクライや、10年のヴィクトワールピサは翌春の海外G1制覇に繋げるなど、さらに大きな舞台での活躍する馬も見られる一戦だ。今年はどの馬が頂点に立つのか、過去の傾向を見てみよう。

過去のデータをCheck!

チェック1昨年は1→2→3番人気も、波乱を警戒

 過去10年、1~2番人気で計7勝。特に1番人気は連対率70.0%、複勝率80.0%と、期待に応える結果を出している。しかしその一方で、人気薄の好走も多いのが有馬記念。昨年こそ1→2→3番人気で堅い決着だったが、過去10年のうち8回は、8番人気以下から最低でも1頭が馬券に食い込んでいる。本命党、穴党を問わず、いい形で一年を締めくくれる可能性のあるレースだ。
【人気別成績(過去10年)】
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 5-2-1-2 50.0% 70.0% 80.0%
2 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0%
3 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
4 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
6 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
7 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
8 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
9 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
10 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
11~ 0-1-2-50 0.0% 1.9% 5.7%
【上位馬の人気と主な配当(過去10年)】
07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
1着人気 9 1 2 2 1 1 1 4 8 1
2着人気 5 14 1 1 7 10 4 9 5 2
3着人気 6 10 11 14 9 2 2 1 4 3
単勝 5,230円 260円 400円 840円 220円 270円 160円 870円 1,700円 260円
馬連 22,190円 29,490円 740円 550円 3,170円 3,730円 860円 12,350円 6,840円 440円
馬単 69,020円 33,490円 1,510円 1,640円 3,650円 5,200円 1,020円 21,190円 13,780円 770円
3連複 73,320円 192,500円 5,460円 11,610円 24,290円 4,020円 1,420円 15,250円 20,360円 1,050円
3連単 800,880円 985,580円 18,890円 60,770円 78,260円 24,250円 5,240円 109,590円 125,870円 3,940円

チェック23~4歳が中心、5歳なら人気馬のみ

 牡・セン馬の年齢別では、3、4歳がそれぞれ複勝率25%前後。勝率では3歳優勢だが、いずれにしてもこの3~4歳が中心になる。また、5歳の好走6頭はすべて5番人気以内、そして6歳以上の4頭はすべて6番人気以下のため、5歳以上の馬は人気も加味して考えたい。ただし、6歳以上は10年以降の7年間は【0.0.0.21】に終わっている。
 一方、牝馬の好走はダイワスカーレットとブエナビスタが2回、そしてジェンティルドンナと、超一流馬、かつ5番人気以内の馬ばかり。ジャパンCでは人気薄の好走もあるが、有馬記念で買える牝馬は上位人気の実績馬のみだ。
【性齢別成績(過去10年)】
性別 年齢 成績 勝率 連対率 複勝率 6番人気以下
牡・セン 3 4-1-2-21 14.3% 17.9% 25.0% 0-1-1-14
4 2-4-2-25 6.1% 18.2% 24.2% 2-2-1-18
5 2-1-3-29 5.7% 8.6% 17.1% 0-0-0-20
6 0-0-1-18 0.0% 0.0% 5.3% 0-0-1-13
7~ 0-1-2-15 0.0% 5.6% 16.7% 0-1-2-14
8-7-10-108 6.0% 11.3% 18.8% 2-4-5-79
牝馬 3 0-2-0-2 0.0% 50.0% 50.0% 0-0-0-1
4 1-1-0-6 12.5% 25.0% 25.0% 0-0-0-6
5 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7% 0-0-0-4
6 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0% 0-0-0-2
2-3-0-15 10.0% 25.0% 25.0% 0-0-0-13

チェック3外枠は今ひとつ、穴馬なら1~4枠

 枠番別では1枠から8枠まですべての枠から優勝馬が出現している。ただ、7、8枠は複勝率10%台、1~6枠は20%以上と、全体としては外枠がやや苦戦する傾向にある。また、6番人気以下の好走馬を見ると、1~4枠は複勝率14.8%で勝ち馬も出ているのに対し、5~8枠は同6.1%で勝ち馬不在だ。
【枠番別成績(過去10年)】
成績 勝率 連対率 複勝率 6番人気以下 同複勝率
1枠 1-2-1-14 5.6% 16.7% 22.2% 2-3-3-46 14.8%
2枠 2-1-1-14 11.1% 16.7% 22.2%
3枠 1-2-1-14 5.6% 16.7% 22.2%
4枠 1-3-1-15 5.0% 20.0% 25.0%
5枠 1-1-2-15 5.3% 10.5% 21.1% 0-1-2-46 6.1%
6枠 2-0-2-16 10.0% 10.0% 20.0%
7枠 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
8枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%

チェック4近年は国内G1ならジャパンCか菊花賞組

 前走別では、ジャパンC組が【2.5.5.51】と10年で60頭を超え、出走馬の3分の1以上を占める。ただ、2勝にとどまる上、複勝率も19.0%と今ひとつだ。このジャパンC組は11年までは人気も成績もバラバラ。しかし12年以降の好走馬6頭は、すべてジャパンC、有馬記念とも5番人気以内。そして13年ゴールドシップを除く4頭は、ジャパンCで掲示板を確保した馬だった。
 一方、ジャパンC以外の前走国内G1組も近年は傾向がはっきりしており、好走5頭はすべて菊花賞の5番人気以内馬、そして4頭は菊花賞馬で今回4番人気以内。このところ、ジャパンCと菊花賞以外の国内G1からは好走馬が出なくなっている。
 なお、過去5年のその他の好走馬は凱旋門賞組のほか、アルゼンチン共和国杯(ゴールドアクター)と、春に移動してしまった金鯱賞(オーシャンブルー、ウインバリアシオン)と、ともに11~12月・2000m以上のG2組だった。
【前走ジャパンCからの好走馬(過去10年)】
馬名 人気 着順 前走人気 前走着順
08 アドマイヤモナーク 14 2 16 12
09 エアシェイディ 11 3 11 5
10 ヴィクトワールピサ 2 1 8 3
ブエナビスタ 1 2 1 1降2
11 エイシンフラッシュ 7 2 5 8
トゥザグローリー 9 3 8 11
12 ルーラーシップ 2 3 2 3
13 ゴールドシップ 2 3 2 15
14 ジェンティルドンナ 4 1 1 4
15 サウンズオブアース 5 2 5 5
16 キタサンブラック 2 2 1 1
ゴールドアクター 3 3 3 4
【前走ジャパンC以外の国内G1からの好走馬(過去10年)】
馬名 人気 着順 前走 前走人気 前走着順
07 マツリダゴッホ 9 1 天皇賞(秋) 8 15
ダイワスカーレット 5 2 女王杯 1 1
ダイワメジャー 6 3 マイルCS 1 1
08 ダイワスカーレット 1 1 天皇賞(秋) 2 2
エアシェイディ 10 3 天皇賞(秋) 8 5
09 ドリームジャーニー 2 1 天皇賞(秋) 4 6
ブエナビスタ 1 2 女王杯 1 3
11 オルフェーヴル 1 1 菊花賞 1 1
12 ゴールドシップ 1 1 菊花賞 1 1
14 トゥザワールド 9 2 菊花賞 2 16
15 キタサンブラック 4 3 菊花賞 5 1
16 サトノダイヤモンド 1 1 菊花賞 1 1

チェック5「一杯」の好走多数、「単走・強目」や「馬ナリ」は危険

 パソコン用調教分析ソフト「競馬道調教マスター」で過去9年の出走馬の追い切りを分析すると、好走が多いのは「一杯」(叩一杯等も含む)で好走馬全体の半数を超す15頭。まず「一杯」に追われた馬に注目したい。
 そして特長的なのは「強目」の馬で、併せ馬で先着していれば複勝率40.0%、同入・遅れは2頭だけだが、同50.0%を記録する。しかし「単走・強目」だった馬は14頭が出走してすべて着外。「強目」なら先着した馬が特に狙い目だろう。なお「馬ナリ」は複勝率でもひと桁と不振だ「競馬道調教マスター」について詳しく知りたい人はコチラまで。
【追い切り内容別成績(過去9年)】
脚色 併せ 成績 勝率 連対率 複勝率
一杯 5-6-4-46 8.2% 18.0% 24.6%
強目 先着 3-2-3-12 15.0% 25.0% 40.0%
同入・遅れ 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
単走 0-0-0-14 0.0% 0.0% 0.0%
馬ナリ 1-1-1-32 2.9% 5.7% 8.6%

第12回 阪神カップ(G2)

写真:競馬ブック

12月23日(土)阪神競馬場 芝1400m

 阪神競馬場がリニューアルオープンされた06年に新設された重賞レース、阪神カップ。今年で12回目を迎え、G1競走のない芝1400m戦では最高峰に位置づけられている。スプリンターズSやマイルチャンピオンシップなどのG1に出走した馬が出走し、ハイレベルな争いとなる。これまでキンシャサノキセキ(09、10年)、サンカルロ(11、12年)、リアルインパクト(13、14年)の3頭が連覇を達成している。昨年は7番人気のシュウジが勝利した。今年はどんなレースになるだろうか。過去のデータから傾向を占う。

過去のデータをCheck!

チェック1上位人気は信頼できない

 平均配当は馬連が6527円、3連単は22万4127円。馬連が3000円以下だったのは、2着が同着で2パターンあった09年のみで、それ以外は3000円以上で決着している。3連単は10回中8回が10万円を超えているが、最近2年は10万以下に収まっている1番人気【2.1.1.6】はイマイチで、2~4番人気の成績も今ひとつ。7番人気以下が3着以内に13頭も来ており、人気薄の激走に注意したい
【人気別成績(過去10年)】
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
2 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
3 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
4 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5 0-3-3-4 0.0% 30.0% 60.0%
6 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
7 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
8 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
9 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
10~ 0-4-2-79 0.0% 4.7% 7.1%

チェック2関東馬が強い

 古馬の芝マイル戦線は関東馬が強いことでも知られているが、芝1400mのこのレースはどうだろうか。関西で行われるにもかかわらず、勝率、連対率、複勝率すべてで関東馬が圧倒的に好成績を残している。とくに堀厩舎【4.1.1.2】は好走確率が高い。また、最近7年で関東馬が6勝しており、今年も関東馬中心になりそうだ。
【所属別の成績(過去10年)】
所属 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 7-7-2-43 11.9% 23.7% 27.1%
栗東 3-4-7-102 2.6% 6.0% 12.1%

チェック3マイルCS上位馬を疑うべし!

 ステップレースはマイルCS組【4.6.4.37】が中心。ただ、マイルCSの1~5着馬【1.1.0.6】は成績がよくない。また、マイルCS組が1番人気だと【1.0.0.5】人気を裏切ることが多いマイルCSで10着以下に大敗していると【2.5.3.26】複勝率が27.8%と好走確率が高い。マイルCSで不完全燃焼した馬が巻き返す傾向にある。
 それ以外は、スワンS組、京阪杯組、オーロC組が複数馬券に絡んでいる。不振なのはスプリンターズSからの直行組【1.0.0.10】で、昨年はシュウジが勝利したが、それ以外はすべてが馬券圏外に敗れている。
【主な前走レース別の成績(過去10年)】
前走レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
マイルCS 4-6-4-37 7.8% 19.6% 27.5%
スワンS 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
京阪杯 1-2-1-24 3.6% 10.7% 14.3%
オーロC 1-0-1-14 6.3% 6.3% 12.5%
キャピタルS 1-0-0-11 8.3% 8.3% 8.3%
スプリンターズS 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
JBCスプリント 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
フェブラリーS 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
CBC賞 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
チャレンジC 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
アンドロメダS 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
【前走マイルCS組の成績(過去10年)】
マイルCSの着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
2着 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
3着 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
4着 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
5着 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
10着~ 2-5-3-26 5.6% 19.4% 27.8%

チェック47、8枠が圧倒的に好成績

 ほぼ毎年、フルゲートになる阪神カップ。冬の開催後半に行わるため、馬場の内側の状態はあまりよくない。そのため馬場の外側をスムーズに通ることができる外枠の成績がよい。7枠【4.4.2.17】が複勝率37%と好成績を残しており、8枠【1.4.2.22】も同24.1%と好走確率が高い毎年最低1頭は7or8枠から3着以内馬が出ており、1~3着馬30頭中17頭を占めている。
【枠番別の成績(過去10年)】
枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2-0-1-17 10.0% 10.0% 15.0%
2枠 1-1-2-16 5.0% 10.0% 20.0%
3枠 0-1-0-19 0.0% 5.0% 5.0%
4枠 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8%
5枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
6枠 0-0-0-20 0.0% 0.0% 0.0%
7枠 4-4-2-17 14.8% 29.6% 37.0%
8枠 1-4-2-22 3.4% 17.2% 24.1%

チェック5栗東坂路組ならラスト1ハロン12秒9以下

 PC用調教分析ソフト「競馬道調教マスター」を使って、過去9回のデータから阪神カップの調教パターンの傾向を探った。好走馬がもっとも多かったのは栗東坂路組【2.3.5.71】だったが、連対率6.2%、複勝率12.3%と好走確率は低かった成績が良かったのは美浦南坂路組【4.1.1.10】で複勝率37.5%
 栗東坂路組のラスト1ハロン別の成績では、12秒9以下【2.2.4.38】は複勝率17.4%とそれなりの成績だったが、13秒0以上【0.1.1.33】は複勝率5.7%と散々な結果だった。栗東坂路組なら1ハロン12秒9以下の馬を狙おう。「競馬道調教マスター」について詳しく知りたい人はコチラまで。
【追い切りコース別の成績(過去9年)】
場所 コース 成績 勝率 連対率 複勝率
栗東 坂路 2-3-5-71 2.5% 6.2% 12.3%
CW 0-1-0-17 0.0% 5.6% 5.6%
0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
旧DW 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
美浦 南坂路 4-1-1-10 25.0% 31.3% 37.5%
南W 2-1-1-16 9.5% 19.0% 23.8%
南P 1-2-0-9 8.3% 25.0% 25.0%
【栗東坂路組のラスト1ハロンのタイム別成績(過去9年)】
タイム 成績 勝率 連対率 複勝率
~12秒9 2-2-4-38 4.3% 8.7% 17.4%
13秒0~ 0-1-1-33 0.0% 2.9% 5.7%