重賞データcheck

 今週はオークストライアル・フローラSが東京芝2000mで行われる。さらにマイラーズC、福島牝馬Sも開催される。そこで、過去のデータからこれらの重賞レースの傾向を占う。

            Clip to Evernote

◆ コンテンツメニュー ◆

第53回 フローラS(G2)

写真:競馬ブック

4月22日(日) 東京競馬場 芝2000m

 オークスのトライアル競走・フローラS。かつては、桜花賞出走馬がオークス前に出走することも多く、メジロラモーヌが本競走(旧4歳牝馬特別)などトライアル3競走も含めて牝馬三冠完全制覇を達成した。近年は桜花賞との間隔が詰まり、桜花賞不出走馬がオークス出走権を賭けて戦う一戦となっている。過去10年では、10年のサンテミリオンがここを制し、オークスでは大接戦の末、アパパネと同着でタイトルを獲得した。また、オークス2~3着馬は10年で8頭を数え、昨年も本競走1着のモズカッチャンが2着に好走した。今年はどの馬が出走権を獲得するのか、過去の傾向を見てみよう。

過去のデータをCheck!

チェック1上位人気はまずまずでも波乱に注意

 過去10年、1~2番人気はともに連対率50.0%、そして複勝率では2番人気が70.0%を記録するなど、上位人気の成績は決して悪くはない。しかし、3連単100万馬券2回、ここ2年も22万、39万と、人気別成績から受ける印象よりは波乱の年が多い。1万1000円未満の年も3回あるため、荒れるのか平穏なのかをまず見極め、荒れると読めば思い切った大穴狙いも成り立つレースだ。
【人気別成績(過去10年)】
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0%
2 2-3-2-3 20.0% 50.0% 70.0%
3 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
4 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
6 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
7 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
8 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
9 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
10 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
11~ 1-1-3-70 1.3% 2.7% 6.7%
【上位馬の人気と主な配当(過去10年)】
08 09 10 11 12 13 14 15 16 17
1着人気 1 2 1 9 1 1 4 2 3 12
2着人気 6 3 4 15 2 2 6 1 2 10
3着人気 8 4 2 3 18 9 13 3 13 2
単勝 420円 420円 190円 2,690円 230円 370円 910円 600円 570円 3,720円
馬連 2,820円 1,010円 1,070円 103,540円 730円 870円 5,970円 1,120円 1,920円 32,010円
馬単 4,610円 2,170円 1,580円 161,550円 1,200円 1,680円 13,510円 2,710円 3,690円 67,650円
3連複 16,710円 2,320円 1,660円 179,170円 47,900円 6,880円 189,600円 1,970円 53,680円 35,940円
3連単 76,550円 10,790円 6,830円 1,131,690円 163,970円 24,620円 1,088,940円 10,710円 228,510円 397,370円

チェック2人気馬以外なら内枠に注目

 枠番別の成績では、1~4枠が【6.6.5.62】で複勝率21.5%、5~8枠が【4.4.5.83】同13.5%と、スタート後にすぐ2コーナーを迎えるコース形態の影響もあってか、全体的には内枠優勢だ。特に差が出ているのが上位人気以外の成績で、表の右に記したように、4番人気以下の5~8枠は連対なしなのに対し、1~4枠は8連対を記録している。4番人気以下の馬を連対候補にまで組み込むなら、1~4枠から選びたい。
【枠番別成績(過去10年)】
成績 勝率 連対率 複勝率 4番人気以下
1 2-1-1-16 10.0% 15.0% 20.0% 2-1-0-15
2 0-1-0-19 0.0% 5.0% 5.0% 0-1-0-17
3 2-3-4-10 10.5% 26.3% 47.4% 0-2-3-8
4 2-1-0-17 10.0% 15.0% 15.0% 1-1-0-14
5 0-2-0-18 0.0% 10.0% 10.0% 0-0-0-18
6 1-2-0-17 5.0% 15.0% 15.0% 0-0-0-16
7 0-0-4-23 0.0% 0.0% 14.8% 0-0-2-21
8 3-0-1-25 10.3% 10.3% 13.8% 0-0-1-22
1~4 6-6-5-62 7.6% 15.2% 21.5% 3-5-3-54
5~8 4-4-5-83 4.2% 8.3% 13.5% 0-0-3-77

続きはこちら

Check3はこちら

Check4はこちら

第49回 マイラーズカップ(G2)

写真:競馬ブック

4月22日(日)京都競馬場 芝1600m

 古馬のトップマイラーが集結し、レベルの高いレースが繰り広げられているマイラーズC。11年までは阪神競馬場の芝1600mで開催されていたが、12年から京都競馬場の外回り・芝1600mに舞台を移して行われている。このマイラーズCを使った馬が毎年のように安田記念で好走しており、過去10年で9頭が安田記念で馬券に絡んでいる。昨年はイスラボニータが勝利したが、同馬は安田記念で1番人気に支持されて8着に敗れた。今年はどんなレースになるだろうか。過去10年のデータからレースの傾向を検証する。

過去のデータをCheck!

チェック13番人気が安定も大荒れの年もある

 平均配当は馬連が1万1741円、3連単は18万9140円と波乱傾向。馬連は万馬券が3回あるが、1000円以下の堅い決着も3回と、年によって差が激しい。1番人気【2.2.2.4】はまずまずだが、2番人気【1.0.1.8】は不振。3番人気【4.1.2.3】が複勝率70%と好走確率が高い。二桁人気【0.1.1.65】はほぼ来ない。3番人気を中心に、一桁人気に手広く流すのがオススメ。
【人気別の成績(過去5年)】
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
2 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
3 4-1-2-3 40.0% 50.0% 70.0%
4 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
5 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
6 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
7 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
8 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
9 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
10~ 0-1-1-65 0.0% 1.5% 3.0%

チェック2サンデーサイレンスの孫がほぼ独占!

 種牡馬別の成績は、ディープインパクトを中心としたサンデーサイレンス系が強い。1~3着馬30頭中17頭を占めている。また、母父としてのサンデーサイレンス【3.1.2.14】が6頭も馬券に絡んでおり、馬券圏内30頭中23頭がサンデーサイレンスの孫だ。ちなみにディープインパクト産駒【1.3.3.13】で馬券に絡んだ7頭は1~6番人気。下位人気は来ていない。
【主な種牡馬別の成績(過去10年)】
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ホワイトマズル 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
ディープインパクト 1-3-3-13 5.0% 20.0% 35.0%
キングカメハメハ 1-1-1-16 5.3% 10.5% 15.8%
アグネスタキオン 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
フジキセキ 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
スペシャルウィーク 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
ミラクルアドマイヤ 1-1-0-0 50.0% 100.0% 100.0%
サクラバクシンオー 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
ロドリゴデトリアーノ 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
ダイワメジャー 0-1-0-3 0.0% 25.0% 25.0%
ラスカルスズカ 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
ダンスインザダーク 0-0-2-7 0.0% 0.0% 22.2%
タニノギムレット 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
スニッツェル 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
Victory Gallop 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
グラスワンダー 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%

続きはこちら

Check3はこちら

Check4はこちら

Check5はこちら

第15回 福島牝馬ステークス(G3)

写真:競馬ブック

4月21日(土)福島競馬場 芝1800m

 04年に牝馬路線の拡充を目的に創設された福島牝馬ステークス。06年にヴィクトリアマイルが創設されたため、その前哨戦という位置づけになった。14年から優勝馬にはヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられている。このレース出走馬のヴィクトリアマイルの成績は、09年の優勝馬ブラボーデイジーが2着、13年の2着馬マイネイサベルが3着、15年の5着馬ミナレットが3着に好走している。昨年はウキヨノカゼが勝利した。今年はどんなレースになるだろうか。過去のデータからレースの傾向を検証する。

過去のデータをCheck!

チェック13番人気は好調だが、2番人気は不振

 平均配当は馬連が5001円で、3連単は26万1381円。馬連は3000円台が3回、5000円以上が4回と、やや荒れている。1番人気【2.1.2.5】は複勝率50%でまずまずだが、2番人気【0.1.1.8】は未勝利で低調。3番人気【3.1.2.4】は複勝率は60%と好調。二桁人気は7頭も馬券に絡んでおり、警戒が必要だ。
【人気別成績(過去10年)】
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0%
2 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
3 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
4 0-4-0-6 0.0% 40.0% 40.0%
5 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
6 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
7 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
8 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
9 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
10~ 1-1-5-62 1.4% 2.9% 10.1%

チェック2人気薄の6歳に注目

 年齢別の成績では、5歳【5.5.3.40】が好走馬と好走確率が高い。4歳【3.5.3.65】は11頭馬券に絡んでいるが、複勝率は14.5%と低い。最近好調のなのが6歳で、ここ3年で3頭も馬券に絡んでおり、3頭とも二桁人気だった。今年も人気薄の6歳に注目したい。
【年齢別の成績(過去10年)】
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 3-5-3-65 3.9% 10.5% 14.5%
5歳 5-5-3-40 9.4% 18.9% 24.5%
6歳 1-0-3-15 5.3% 5.3% 21.1%
7歳以上 1-0-1-9 9.1% 9.1% 18.2%

続きはこちら

Check3はこちら

Check4はこちら

Check5はこちら