日本ダービー

今週は、3歳馬の頂点を争う競馬の祭典・日本ダービー(東京優駿)が、東京競馬場の芝2400mを舞台に繰り広げられる。そこで、血統配合&データ解説書の決定版「パーフェクト種牡馬辞典2016-2017」を執筆した望田潤が有力馬の血統分析、競馬道調教マスターを使用した斬新な調教予想、大ベストセラー「馬場のすべて教えます」の小島友実がG1レースが行われる馬場を解説。そして特別編として、競馬Compassで指数提供中の馬券マネジメント指数が東京芝2400mの傾向を探る。

■競馬道調教マスター

ダービー 3連複850円 馬連700円 的中!
オークス 馬連420円 的中!
ヴィクトリアマイル 3連複6,090円 馬連3,510円 的中!
NHKマイルC 馬連940円 的中!
皐月賞 3連複6,000円 的中!
桜花賞 馬連960円 的中!
高松宮記念 3連複1,740円 馬連890円 的中!
フェブラリーS 3連複3,820円 馬連680円 的中!

■栗山求

オークス 馬連420円 的中!
NHKマイルC 馬連940円 的中!
皐月賞 3連単70,390円 的中!

◆ コンテンツメニュー ◆

予想者・解説者プロフィール
望田 潤
パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

望田 潤(もちだ・じゅん)

1966年京都府生まれ。育成牧場従業員を経て競馬通信社に在籍、そこで笠雄二郎著『日本サラブレッド配合史』の影響を強く受ける。現在はフリーで、競馬情報サイト『血統屋』『netkeiba.com』月刊誌「サラブレ』『エクリプス』などでレース予想やコラムを執筆中。大手馬主の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」も毎日更新中。
「血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog」


日本ダービー
5月29日 東京10R 芝2400m

望田 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1   ディーマジェスティ 牡3 57.0 蛯名正義
1 2   マイネルハニー 牡3 57.0 柴田大知
2 3   マカヒキ 牡3 57.0 川田将雅
2 4   レインボーライン 牡3 57.0 福永祐一
3 5   エアスピネル 牡3 57.0 武豊
3 6   アグネスフォルテ 牡3 57.0 松山弘平
4 7   ロードクエスト 牡3 57.0 岩田康誠
4 8   サトノダイヤモンド 牡3 57.0 ルメール
5 9   マウントロブソン 牡3 57.0 ベリー
5 10   スマートオーディン 牡3 57.0 戸崎圭太
6 11   アジュールローズ 牡3 57.0 ボウマン
6 12   リオンディーズ 牡3 57.0 M.デム
7 13   レッドエルディスト 牡3 57.0 四位洋文
7 14   ヴァンキッシュラン 牡3 57.0 内田博幸
7 15   イモータル 牡3 57.0 石川裕紀
8 16   ブレイブスマッシュ 牡3 57.0 横山典弘
8 17   プロフェット 牡3 57.0 浜中俊
8 18   プロディガルサン 牡3 57.0 田辺裕信

 近年屈指のメンバーが揃った皐月賞を勝利したディーマジェスティが2冠を狙う。東京コースは共同通信杯を勝利しており、今回も楽しみだ。
 マカヒキは皐月賞を追い込んで2着。直線が長い東京コースならさらに楽しみ。
 サトノダイヤモンドは皐月賞3着。前走はきさらぎ賞以来の競馬だっただけに、上積みがありそうだ。
 ハイペースの皐月賞で途中から逃げて5着(4着入線)だったリオンディーズ。折り合いがつけば、朝日杯FSを制した末脚が復活する。
 そのほか皐月賞4着から巻き返しを狙うエアスピネル、毎日杯と京都新聞杯を連勝中のスマートオーディン、青葉賞を勝利したヴァンキッシュラン、スプリングSの覇者マウントロブソン、プリンシパルSで権利を手にしたアジュールローズらが出走を予定している。(KOL編集部)


血統+データから見た注目馬をピックアップ!

望田潤’s EYE

  • サトノダイヤモンド
  • 牡3歳・栗東・池江寿厩舎
  • ヘイロー的早熟スピードで抜け出す
ディープインパクト サンデーサイレンス ヘイロー
Wishing Well
ウインドインハーヘア アルザオ
Burghclere
マルペンサ オーペン ルアー
Bonita Francita
Marsella サザンヘイロー
Riviere

 母マルペンサはR.V.マンシリャ大賞典(亜G1・芝2000m)などの勝ち馬。母父オーペンはルアー(BCマイル連覇の名マイラー)の代表産駒でモルニ賞(仏G2・芝1200m)勝ち。マルペンサはヘイロー4×3、ノーザンダンサー4×4、ナタルマ4×5・5。血統表の3/4でアルマームードの子孫の血を何重にもクロスしている。自身はヘイロー≒サーアイヴァーのニアリークロス3・5×4・5。まだ体質的には緩さも残るが、ヘイローのクロスらしいフワッとした自在性あるスピードが武器で、レースぶりが大人びていて何でもできる馬だ。皐月賞は前傾ラップを早めに動いてきつい競馬になった。叩いた上積みがあれば、今度は好位抜け出しで後続の追撃を凌ぎきるか。

望田潤’s EYE

  • ディーマジェスティ
  • 牡3歳・美浦・二ノ宮厩舎
  • パワーと持続力は名門牝系譲り
ディープインパクト サンデーサイレンス ヘイロー
Wishing Well
ウインドインハーヘア アルザオ
Burghclere
エルメスティアラ ブライアンズタイム Roberto
ケリーズデイ
シンコウエルメス サドラーズウェルズ
ドフザダービー

 ホクラニミサの全弟でセイクレットレーヴやワールドレーヴの半弟。叔母エルノヴァはステイヤーズS2着、クイーンS2着、エリザベス女王杯3着など牝馬らしからぬスタミナとパワーを誇った。3代母ドフザダービーの産駒に英ダービーやキングジョージに勝った名馬ジェネラスがいる。母はブライアンズタイム×サドラーズウェルズ×マルガレーゼン牝系だから皐月賞馬ヴィクトリーやダート王フリオーソと似た配合で、だからディープ産駒ながらパワーと持続力に富み、皐月賞でも直線の急坂を駆け上がるときのパワーが圧巻。距離延長は全く問題ないが、東京の良で上がりだけの競馬になってしまうと、鋭さ負け軽さ負けの心配はまだついて回る。

望田潤’s EYE

  • マカヒキ
  • 牡3歳・栗東・友道厩舎
  • カミノリの斬れ味、鋭敏さでは一番
ディープインパクト サンデーサイレンス ヘイロー
Wishing Well
ウインドインハーヘア アルザオ
Burghclere
ウィキウィキ フレンチデピュティ デピュティミニスター
Mitterand
リアルナンバー Rainbow Corner
Numeraria

 ウリウリやエンドレスノットの全弟でトパンガの甥。母母リアルナンバーはヒルベルトレレナ大賞(亜G1・ダ1600m)勝ち馬で、その母ヌメラリアは亜1000ギニー(亜G1・ダ1600m)に勝った。ディープインパクト産駒で母系にサザンヘイローが入ってヘイローをクロスするのはサトノダイヤモンドと同じ。手先が軽くて脚捌きに無駄がなくて瞬時に加速できるところも似ているが、こちらのほうが俊敏さ鋭敏さは上で、まさにカミソリの斬れというべき追い込みをみせる。この鋭敏な末脚は、東京だとむしろスローの上がり特化のレースのほうが映えるかもしれない。

パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

競馬予想に役立つ! 血統配合&データ解説書決定版、自由国民社刊行の『パーフェクト種牡馬辞典2016-2017』の編集を競馬道OnLine編集部が担当しました。

本書のおすすめコンテンツ 栗山求/望田潤両氏によるランキング上位30頭、新種牡馬5頭、注目種牡馬41頭の血統&馬券チェック、上位10頭は辻三蔵氏による産駒調教分析、久保和功氏による馬体分析など4ページで紹介。 競馬道OnLineデータによる詳細なデータ分析をプラスした種牡馬総合分析書となっております。ぜひ、一度手に取ってご覧ください。

  • 競馬道OnLine編集部/栗山求/望田潤/辻三蔵/久保和功/野本秀樹/美野真一  定価 2,700円 B5 判/ 256ページ

全国の書店で発売中! ◆自由国民社のページへ >>


競馬道OnLineデータと「元・東大生の馬券マネジメント」理論が融合することで誕生した、新しい指数『馬券マネジメント』指数。
それが『馬券マネジメントA指数』と『馬券マネジメントV指数』です。

「日本ダービー」が行われる舞台、「東京芝2400m」の『馬券マネジメント』指数成績を分析しました。
下にある表が今年行なわれた東京芝2400m戦全11鞍の結果です。

月日 R 馬番 A V 馬連A 馬連V 3連複A 3連複V
1月30日 04R 1着 14 × \1,110 \1,110 \0 \4,300
2着 12
3着 9  
2月6日 07R 1着 8     \0 \0 \0 \0
2着 1 ×
3着 11 ×
2月6日 09R 1着 6 × \1,280 \0 \0 \0
2着 5  
3着 3    
2月7日 10R 1着 5   \0 \0 \2,260 \0
2着 2 ×
3着 9  
2月13日 04R 1着 3 \990 \990 \0 \0
2着 9 ×
3着 13    
2月14日 07R 1着 5 \1,380 \1,380 \1,560 \1,560
2着 10 ×
3着 11
4月23日 10R 1着 5 \450 \450 \0 \3,080
2着 1
3着 4  
4月30日 11R 1着 6 \0 \0 \0 \0
2着 4    
3着 13 ×  
5月1日 09R 1着 1 \5,160 \5,160 \10,370 \0
2着 2
3着 5  
5月7日 07R 1着 8 \1,730 \1,730 \1,920 \1,920
2着 3 ×
3着 10 ×
5月7日 10R 1着 3 ×   \0 \0 \0 \0
2着 7    
3着 1
5頭ボックス払戻金 \12,100 \10,820 \16,110 \10,860
5頭ボックス回収率 110.0% 98.4% 146.5% 98.7%

回収率も決して悪くはありませんが、注目すべきはA指数◎が[5-2-2-2]で勝率45.5%、連対率63.6%、複勝率81.8%という非常に好成績を残しています。

中でも『A指数』と『V指数』ともに◎の馬は11鞍中3頭しかいませんが、すべてが1着に!

果たして、今年の「日本ダービー」で『馬券マネジメントA指数』と『馬券マネジメントV指数』ともに◎に推された馬はいるのか?
過去好成績を残す『A指数』◎はどの馬か? まずは会員登録をお済ませください!

馬券マネジメントA指数
馬券マネジメントV指数
過去8週間で
万馬券的中202本!
528R中290R的中!
究極指数

A指数V指数を競馬Compassで確認!

馬券マネジメント指数 プロフィール

過去10年分(約30,000レース)のデータを用いたデータ解析によって算出された指数。
各馬がレースで好走する可能性の高さを示す「能力値指数(A指数)」と、各馬の馬券を購入した時に収支が黒字となる可能性の高さを示す「期待値指数(V指数)」を算出。
競馬Compassでほぼ全レース無料でA指数、V指数による予想印を公開している。


前哨戦Check!競馬道OnLine編集部による回顧

ステップレース1 皐月賞

写真:競馬ブック

2016年 4月17日(日) 中山11R 皐月賞  18頭 芝2000m  Bコース

馬番 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 人気
1 18 ディーマジェスティ 牡 3 蛯名正義 57 1.57.9 8
2 3 マカヒキ 牡 3 川田将雅 57 1 1/4 3
3 11 サトノダイヤモンド 牡 3 ルメール 57 1 1/4 1
4 15 エアスピネル 牡 3 武豊 57 1/2+ハナ 2
5 16 リオンディーズ 牡 3 Mデム 57 4位入線5着降着 4
共同通信杯以来の実戦だった8人気のディーマジェスティが直線であっさり差し切る強い競馬で完勝。レースは抑えきれずに先頭に立った1人気リオンディーズが作ったペースはハイ。後方待機勢の流れになった。直線さすがに苦しくなったリオンディーズはよれてエアスピネルの進路を妨害。好位から満を辞して追い出した2人気サトノダイヤモンドだったが、ディーマジェスティにあっさり交わされた。最後追い込んだマカヒキが2着。

ステップレース2 青葉賞

写真:競馬ブック

2016年 4月30日(土) 東京11R 青葉賞  13頭 芝2400m  Aコース

馬番 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 人気
1 6 ヴァンキッシュラン 牡 3 内田博幸 56 2.24.2 4
2 4 レッドエルディスト 牡 3 四位洋文 56 1 1/4 5
3 13 レーヴァテイン 牡 3 ルメール 56 3 1
4 12 プロディガルサン 牡 3 戸崎圭太 56 1 1/4 2
5 11 メートルダール 牡 3 ボウマン 56 1 1/4 3
マイネルハニーの逃げを好位5番手で追走したヴァンキッシュランが直線豪快に抜け出す強い競馬。後方から追い込んだレッドエルディストが2着。京都新聞杯2着アグネスフォルテを前走大寒桜賞で下したレッドエルディストを物差しにしても、勝ち馬ヴァンキッシュランは皐月賞組以外では、有力候補になるだけの資質はある。デビューして3着以下なし。一戦ごとに成長を見せており、本番で内目を引いて先行できれば粘り込む作戦を期待。

ステップレース3 京都新聞杯

写真:競馬ブック

2016年 5月 7日(土) 京都11R 京都新聞杯 14頭 芝2200m外

馬番 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 人気
1 2 スマートオーディン 牡 3 戸崎圭太 56 2.12.6 1
2 11 アグネスフォルテ 牡 3 松山弘平 56 3/4 9
3 9 ロイカバード 牡 3 池添謙一 56 1 1/2 4
4 13 ブラックスピネル 牡 3 ルメール 56 クビ 2
5 7 エルプシャフト 牡 3 横山典弘 56 1 3/4 3

 

2200mへの距離延長克服が課題だったスマートオーディン。後方からマクり気味に進出。先行から粘り込むアグネスフォルテの抵抗に遭いながらも、最後はしっかり差し切った。ただ、この相手であれば、もっと軽くひねって欲しかったのが本音。元来はマイラータイプだけに、さらに200m延びる本番に向けては、展開面での助け、鞍上の騎乗作戦などいろんな要素が不可欠。2着アグネスフォルテは前走、前詰まりの不完全燃焼6着。すんなり先行できれば、これぐらいやれていい。

ステップレース4 プリンシパルS

写真:競馬ブック

2016年 5月 7日(土) 東京11R プリンシパルS 17頭 芝2000m Aコース

馬番 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 人気
1 アジュールローズ 牡 3 ボウマン 56 1.59.2 7
5 マイネルラフレシア 牡 3 柴田大知 56 1 1/4 8
12 ゼーヴィント 牡 3 石川裕紀 56 3/4 3
6 ピースマインド 牡 3 吉田豊 56 1 1/2 10
4 シャリオヴァルト 牡 3 田辺裕信 56 ハナ 12
ピースマインドの逃げをマークする形で進んだ内枠の先行勢が1、2着という結果。展開面での恩恵もあったか。ダートで勝ち上がってきたアジュールローズはもともと芝で期待されていた馬。前走芝で先行できるようになり、成績も安定してきた。2着マイネルラフレシアは東スポ杯2歳Sでスマートオーディンの3着馬。力の比較で見れば、アジュールローズも本番で伏兵になれるかどうかといったところ。1人気ショパンは15着大敗。
予想者・解説者プロフィール
小島友実
馬場のすべて教えます

小島 友実(こじま ともみ)

競馬キャスター&ライター。1996年、ラジオ短波(現ラジオNIKKEI)「中央競馬実況中継」で競馬の仕事をスタート。03年より始めた馬場取材はライフワーク。15年1月、小倉競馬場での馬場取材をもって、JRA全10場の馬場を踏破した。現在、出演中の番組は、グリーンチャンネル「トラックマンTV」、ラジオNIKKEI「中央競馬実況中継」。また週刊競馬ブックで「小島友実の好奇心keiba それ行け!現場」を連載している。


小島友実のGⅠの馬場 すべて教えます

ダービーは内枠、特に1枠

 今週末はいよいよ競馬の祭典、日本ダービー!2013年に生まれたサラブレッドの中から頂点を決める一戦です。
 馬場的な要素からダービーを語る上でとにかく重要なポイントは、今週から芝コースがCコースに替わるという事です(最内から6mの所に移動柵)。
そして、その事が影響するからなのか、「日本ダービーはとにかく内枠。特に1枠が良いレース」です。もうこの事はおわかりの方も多いと思いますが、改めて振り返ってみましょう。
データ(1)を見てもわかるように、過去10年のうち、1枠馬が6勝。この3年でも、2013年のキズナ(1枠1番)と2014年のワンアンドオンリー(1枠2番)が優勝。去年はサトノクラウン(1枠1番)が2着と、3年続けて馬券に絡む高確率。過去10年で見ても、1枠の馬が馬券圏内に来なかったのは、2回だけです。

データ(1)
過去10年の日本ダービー枠順別成績

・1枠 6‐2-0-12/20
・2枠 1-0-3-16/20
・3枠 1-1-0-18/20
・4枠 0-2-2‐15/19
・5枠 1-1-1-17/20
・6枠 0-2-1-17/20
・7枠 1-1-3-25/30
・8枠 0-1-0-28/29

 今年のダービーの1枠には皐月賞馬ディーマジェスティが入りましたね!「ダービーは最も運の良い馬が勝つ」と言われていますが、ディーマジェスティはまず、強力な運を引き寄せた事になります。
 次に脚質別成績を見ていきましょう。先週のオークスの当コラムでは、「オークスでは逃げ・先行馬は苦戦。軸馬は中団馬から」と書きましたが、今年もオークスは見事な差し競馬となりました。
では、ダービーはどうなるかというと、データ(2)を見てもわかるように、逃げ馬は苦戦傾向も、先行馬の台頭はオークスよりぐっと上がります

データ(2)
過去10年の日本ダービー脚質別成績

・逃げ 1-0-0-10/11
・先行 2-5-8-23/38
・中団 6-3-3-56/68
・後方 2-3-0-44/49
・マクリ0-0-0-0/0

穴馬は先行馬か内枠馬

 今年は1枠にディーマジェスティ、2枠にマカヒキが入って、堅そうな雰囲気も漂っていますが、なんとか探したいのが穴馬。そこで馬場的な要素からあぶり出してみたら、過去10年、7番人気以下で馬券に絡んだ馬は30頭中10頭いて、その内実に9頭が1枠、2枠の内枠馬か道中5番手以内を進んでいた先行馬でした。先行馬が残りやすい傾向はデータ(2)から見ても納得ですよね。という事で、ダービー予想は枠順と展開を考える事が、より重要になってきます。
 では最後に天気も絡めて、ダービー当日の馬場がどうなりそうかを考えていきましょう。

 

(続きは有料会員ページで見ることができます)

 

馬場のすべて教えます


人気キャスターの週刊競馬ブックコラムを書籍化。JRA全場を徹底解説した馬場完全読本。JRA 馬場土木課が完全協力。

全国の書店で発売中! ◆Amazonのページへ >>

予想者・解説者プロフィール

競馬道調教マスター

辻三蔵が徹底監修した競馬道OnLineデータを駆使したPC調教用ソフト。
競馬道調教マスターの情報はコチラ

競馬道調教マスターの予想

【競馬予想支援ソフト】競馬道2010でも予想!

調教コース別の好走時計をクリアした馬は?

 監修者の辻三蔵さんの「調教マスタープログラム」向けの解説によると、日本ダービーでは2008年以降、栗東坂路調教馬が最多の5勝を挙げている。関西馬は長距離輸送が控えているので、効率良く負荷を掛けるには坂路調教が最適。タフな長距離戦を乗り切るためには、瞬発力とスタミナの両方をバランス良く鍛える必要がある。栗東坂路の好走時計は[4F51-52秒台、3F37-38秒台、1F12秒前半]と解説する(辻チェックポイント1)。栗東坂路の調教パターンを4F52秒9以内、3F38秒3以内、1F12秒6以内に設定した場合、[2-2-1-2](複勝率71%、複勝回収率287%)の好成績を収めている、と解説(辻チェックポイント2)

 また、次のようにも解説。栗東CWコースの好走時計は[4F52-53秒台、3F37-38秒台、1F12秒前半]と解説。(辻チェックポイント3)

 最後に関東馬は直線に上り坂がある南馬場ウッドコースが地力強化に向いている。東京の長い直線を意識して4F目から上がり重点に追い、瞬発力を養成する。美浦南馬場ウッドコースの好走時計は[4F52-53秒台、3F37-38秒台、1F12秒台]と分析する(辻チェックポイント4)。南馬場ウッドコースの調教パターンは4F53秒8以内、3F38秒6以内、1F12秒6以内、コース取り:4分以上に設定した場合、[1-1-1-1](複勝率75%、複勝回収率373%)の好成績を収めている、と分析(辻チェックポイント5)

 一方、編集部が見ると、調教コース別に見ると、栗東坂路は5勝2着3回3着3回、美浦南Wは1勝2着3回3着3回、栗東CWは1勝2着2回3着2回、美浦坂路は1勝。昨年の勝ち馬ドゥラメンテは美浦南Wだったが、全体的には栗東坂路組が優勢。それぞれの好走パターンを見ると栗東坂路(編集部チェックポイント1)は上がり4F50.9~54.7秒、上がり1F12.0~13.7秒、併せ馬(4-3-2-20/29)。美浦南W(編集部チェックポイント2)は上がり3F38.1~39.6秒、上がり1F12.2~13.0秒、併せ馬(1-2-3-4/10)。栗東CW(編集部チェックポイント3)は上がり4F51.4~53.7秒、コース取り5~8分どころ、併せ馬(1-2-2-15/20)。

 

(予想と続きは有料会員ページで見ることができます)

 

競馬道調教マスターの印と予想はコチラ

 

GⅠキャッシュバックキャンペーン

競馬道調教マスター

調教専門ソフト「競馬道調教マスター」が登場!

構想に3年、開発に1年を費やし、辻三蔵が徹底監修した調教専門ソフト「競馬道調教マスター」。競馬道OnLineデータ(KOLデータ)をもとに、競走馬や厩舎、血統などさまざまなファクターから好走パターンを分析することが可能です。

大人気ソフト「競馬道調教マスター」をもっと知りたい人はコチラ

辻調教専門学校

「辻調教専門学校 調教で厩舎攻略する料理法」が登場!

調教分析のエキスパート、辻三蔵の最新著書「辻調教専門学校 調教で厩舎攻略する料理法」。調教の進化をデータで斬り、東西それぞれの厩舎の調教方法が明らかに!

「辻調教専門学校 調教で厩舎攻略する料理法」をもっと知りたい人はコチラ