第2世代 競馬道OnLineデータフォーマット
KD2
− 2010年11月25日発表版 −
お知らせ

◎データ仕様に関するお知らせ


◇データの仕様追加(2010/11/25)
 コードテーブルの場所コードに
  「トルコ」(=82)
  「カタール」(=83)
  を追加


◇データの仕様追加(2009/06/09)
 コードテーブルの産地コードに
  「秋田」(=124)
  を追加


◇データの仕様追加(2008/11/13)
 コードテーブルの場所コードに
  「墺国」(=81)
  を追加


◇データの仕様追加(2008/6/26)
 コードテーブルの産地コードに
  「洞爺湖」(=122)
  「露国」(=123)
  を追加


◇データの仕様追加(2008/3/27)
 コードテーブルの場所コードに
  「幌泉」(=113)
  「比国」(=114)
  「星国」(=115)
  「UAE」(=116)
  「広島」(=117)
  「南ア国」(=118)
  「むかわ」(=119)
  「安平」(=120)
  「新ひだか」(=121)
  「シリア」(=256)
  「沙国」(=257)
  「韓国」(=258)
  「中国」(=259)
 を追加


◇データの仕様追加(2006/5/30)
 コードテーブルの場所コードに
  「小向」(=47)
  「岩見」(=56)
  「旭川」(=57)
  「帯広」(=58)
  「北見」(=59)
  「マカオ」(=80)
 を追加


◇データの仕様追加(2005/4/21)
 コードテーブルの共通テーブル6に
  「牝馬○国際」(=35)
  「芦・白」(=36)
  「黒鹿毛」(=37)
  「○混牡・牝」(=38)
  「JRA指定」(=39)※公営
  「○国際牡・牝」(=40)
 を追加


◇新馬券(3連単)対応のお知らせ(2004/07/29)
 2004年8月14日より発売が開始されます新馬券の対応につきまして
 データフォーマットに追加があります。
 
 成績データ(kol_sei1.kd2)の項目204〜221
 
 上記配当の追加により項目222の予備フィールドが26バイトに変更となります。


◇競走成績出馬表データ、競走馬データの「前半3F」備考変更(2004/07/29)
 【前半3F(50)(279)】
  修正前:単位0.1秒:(例)366 (36.6秒)
      ※新潟競馬場直線1000mのレースの場合は前半2Fのタイム
      ※2003年05月24日以降のレースでは1000mの場合(競馬場、
       芝・ダ問わず)前半2Fのタイム
                           ↓
  修正後:単位0.1秒:(例)366 (36.6秒)
      ※2003年05月24日以降1000mのレースの場合は前半2Fのタイム
      ※障害レースまたは新潟競馬場直線1000mのレースの場合はスペース


◇コードテーブルの追加(2004/07/29)
 コードテーブルの条件表に公営時におけるマイナスコードの追加を行いました。


◇コードテーブルの追加(2004/04/16)
 コードテーブルの場所コードに
  「白耳義(ベルギー)」(=79)
 を追加


◇競走成績出馬表データ、競走馬データの「前半3F」備考変更(2003/5/9)
 【前半3F(50)(279)】
  修正前:単位0.1秒:(例)366 (36.6秒)
      ※新潟競馬場直線1000mのレースの場合スペース
                           ↓
  修正後:単位0.1秒:(例)366 (36.6秒)
      ※新潟競馬場直線1000mのレースの場合は前半2Fのタイム
      ※2003年05月24日以降のレースでは1000mの場合(競馬場、
       芝・ダ問わず)前半2Fのタイム


◇コードの追加(2003/5/9)
 東京競馬場改修に伴いコースが追加されます。(2003年10月11日以降使用)
 【コース(30)】競走成績レースデータ(kol_sei1.kd2)
 【コース(25)】出馬表レースデータ(kol_den1.kd2)
 【コース(230)】競走馬データ(kol_uma.kd2)
 【コース(230)】特別登録レースデータ(kol_tok1.kd2)
  修正前:95年5月13日以降入力 0=A 1=B 2=C 3=D 4=A1 5=A2
  修正後:95年5月13日以降入力 0=A 1=B 2=C 3=D 4=A1 5=A2 6=E


◇コードテーブルの追加(2003/03/21)
 コードテーブルの場所コードに
  「瑞西(スイス)」(=78)
 を追加


◇コードテーブルの追加(2003/01/22)
 コードテーブルの馬記号コードに
  「○父○外○地」(=40)
  「○父○外□地」(=41)
 を追加


◇場所コード追加のお知らせ(2002/11/19)
  「新嘉坡(シンガポール)」(=75)
  「瑞典(スウェーデン)」(=76)
  「西班牙(スペイン)」(=77)


◇データの仕様変更(2002/5/5)
 新馬券について馬単の繰り返し数が4から6に変更になりました。
 詳細については、改版履歴をご覧下さい。


◇新馬券(馬単、3連複)対応のお知らせ(2002/4/26)
 2002年6月15日より発売が開始されます新馬券の対応につきまして
 データフォーマットに追加があります。

 競走成績レースデータ(kol_sei1.kd2)の項目123〜143

 上記配当の追加により項目144の予備フィールドが36バイトに変更となります。


◇コードの追加のお知らせ(2002/4/26)
 成績データ(kol_sei1.kd2)に下記のコードが追加されます。(2003年1月以降)

 天気(項目65):6=小雪
 競走成績レースデータ(kol_sei1.kd2)の項目65
 競走馬データ(kol_uma.kd2)の項目235


◇新販売データのお知らせ(2002/2/4)
 2002年2月4日「特別登録」データが新たに追加されました。
 データ仕様についてはデータフォーマットをご覧ください。


◇レイティングデータのお知らせ(2001/11/19)
 2001年11月23日発売の出馬表データより「ブックレイティングデータ」が追加
 されます。

 コードテーブルの場所コードに「伯国(ブラジル)」が追加されました。
 変更部分に付きましては改版履歴をご参照ください。


◇新データ発売のお知らせ(2001/3/26)

 2001年3月末日より新データ「騎手厩舎コメント」の発売を開始いたします。

 このデータは週刊競馬ブック誌の成績欄に掲載されている、騎手や調教師の
 レース後のコメントや、競馬ブックによる「次走へのメモ」をデータ化したもの
 です。この機会にぜひご利用ください。


◇2001年からの馬齢表記変更について(2000/12/26)

 2001年より競走馬の馬齢表記方法が変更になります。2000年まで3歳で
 新馬だったものが、2001年以降は生まれた年が0歳となり、2歳で新馬
 デビューとなります。つまり以前の馬齢から1歳引いたものが今
 後の馬齢の数え方になります。

 KOLデータでは、馬齢変更に対応した仕様変更といたしまして、
 「競走成績レースデータ」、「出馬表レースデータ」、「競走馬データ」、
 「予想オッズデータ」、「確定オッズデータ」に含まれているレースの条件を
 表す項目「条件カット」、「条件年齢制限」に関して、それぞれ
 2001年以降のレースと2000年以前のレースとでコードの扱いを変更することで
 対応いたします。

 例)条件カットコード = 3、条件年齢制限コード = 7 の場合
 ・2001年以降のレースでの扱い
      条件カット   = 3:サラ3歳以上(2000年までは 3:サラ4歳以上)
      条件年齢制限 = 7:3,4歳(2000年までは 7:4,5歳)


◇2000年以前のレースデータの馬齢の扱いについて(2000/12/26)

 馬齢表記は当時の数え方(数え年)のままとなっております。
 馬齢変更後(2001年以降)の数え方とは異なりますのでご注意ください。


◇(地)馬、[地]馬の過去地方レース成績、及び過去海外レース成績について(1999/07/07)

 新データでは上記データを競走馬データの過去走部において提供する予定ですが、
 全ての項目を完全な形で埋めることができない場合があります。
 特に、「開催回次」「開催日次」「馬番」や、その他いくつかの項目に
 抜けが発生する場合があります。基本的に保証される項目としては、競馬ブック紙に
 掲載される出馬表過去5走部と同等のものとなることをご了承ください。

                                                          以上

更新日 2010/11/25
競馬道OnLine