KNNニューストピックス
RSS
● 小崎綾也騎手のオーストラリアでの騎乗成績――9月17日(9/17)

自主研修のためオーストラリアに渡航している小崎綾也騎手(22歳、栗東・フリー)が9月17日、オーストラリアのケンブラ・グランジ競馬場で一般レース1鞍に騎乗し、4着(8頭立て)だった。

TOP
● 17日の中山・阪神競馬および18日のセントライト記念の夜間発売取りやめ(9/17)

9月17日の中山・阪神競馬および9月18日の中山競馬は、台風による競馬開催への影響が見込まれるため、今日16日のインターネット投票による夜間発売は取りやめとなった。なお、9月17日の競馬開催の有無、および同日7時以降の「電話・インターネット投票の発売」については、決定次第、JRAホームページ等で発表される。

TOP
● 木幡巧也騎手が9日間騎乗停止(9/16)

16日(土)の中山競馬第6Rにおいて、アーチャーズリングが最後の直線コースで内側に斜行したため、タツオウカランブの進路が狭くなった。
このことについてアーチャーズリングに騎乗した木幡巧也騎手(21歳、美浦・牧厩舎所属)が、9月23日から10月1日まで9日間の騎乗停止となった。

TOP
● 小崎綾也騎手のオーストラリアでの騎乗成績――9月16日(9/16)

自主研修のためオーストラリアに渡航している小崎綾也騎手(22歳、栗東・フリー)が9月16日、オーストラリアのニューカッスル競馬場で一般レース1鞍に騎乗し、7着(14頭立て)だった。

TOP
● 佐々木晶三調教師がJRA通算500勝達成(9/16)

16日(土)の阪神競馬第8R阪神ジャンプSでアップトゥデイト(牡7歳)が1着となり、同馬を管理する佐々木晶三調教師(61歳、栗東)が史上136人目、現役29人目となるJRA通算500勝を達成した。94年11月26日の管理馬初出走以来、5571戦目。重賞は、13年日本ダービー(キズナ)などG1・5勝、J・G1・2勝を含む44勝。
佐々木晶師:大変お世話になっている前田さんの馬で達成できて嬉しいです。いい時も悪い時もいつも私を支えてくださる馬主さん、優秀な厩舎スタッフをはじめ、お世話になった皆様に感謝しております。今後も今まで通り感謝の気持ちを忘れず、調教師業に邁進していきたいと思います。

TOP
● 三浦皇成騎手がJRA通算600勝達成(9/16)

16日(土)の中山競馬第1Rでシスルが1着となり、同馬に騎乗した三浦皇成騎手(27歳、美浦・鹿戸雄厩舎所属)が史上73人目、現役では30人目となるJRA通算600勝を達成した。08年3月1日のJRA初騎乗以来6887戦目。重賞は10勝。
三浦騎手:600勝という数字は、怪我をする前には意識していた数字でしたが、復帰してからは忘れていてレース前も意識はしていませんでした。後輩たちが頑張って競馬を盛り上げているなかで、自分も足踏みせず達成できて良かったと思っています。今後は、応援してくださっているファンの方々や関係者の方々からもG1レースでの勝利を期待されているので、G1レースでの勝利のみならず、リーディング争いもできるように、もっともっと自分自身を磨いていかなければならないと思っています。

TOP
● 浜中俊騎手が骨折――ブラックスビーチは秋山騎手に(9/16)

浜中俊騎手(28歳、栗東・フリー)が15日(金)の調教中に落馬負傷し、左トウ骨頭骨折と診断された。このため、浜中騎手が16〜18日に阪神競馬で騎乗を予定していた13鞍が騎手変更となった。17日(日)のローズSで騎乗予定だったブラックスビーチは、秋山騎手が騎乗する。

TOP
● アドマイヤミヤビが引退、繁殖入り(9/15)

本年のクイーンC(G3)に優勝したアドマイヤミヤビ(牝3歳、栗東・友道厩舎)が、9月16日付で競走馬登録を抹消される。今後は北海道勇払郡安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。通算成績は6戦3勝。重賞は上記の1勝。

TOP
● アロゲート依然首位(9/15)

IFHA(国際競馬統括機関連盟)より本年1月1日から9月10日までのロンジンワールドベストレースホースランキングが発表された。新たに対象となるのはウッドワードステークス、英インターナショナルステークス、スプリントカップなどで120以上の45頭が掲載された。1〜3位は変わらずアロゲート(134)、ウィンクス(132)、ガンランナー(127)となり、3位タイに英インターナショナルステークスを勝ったユリシーズが浮上(前回121で14位タイ)。日本調教馬は前回と同じ4頭で、キタサンブラックとサトノクラウンが121で19位タイ、レイデオロとサトノダイヤモンドが120で30位タイとなっている。

TOP
● 10名を日本中央競馬会運営審議会委員に任命(9/15)

JRAは9月16日、同日付で10名を日本中央競馬会運営審議会委員に任命すると発表した。任期は2年。
【新任】
・大八木信行(日本馬主協会連合会会長)
・大西洋(前(株)三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長)
・鈴木淑子(競馬ジャーナリスト)
・高嶋達佳(東京都現代美術館館長)
【再任】
・松本好雄(中央競馬馬主相互会会長)
・木村貢(日高軽種馬農業協同組合代表理事組合長)
・橋田満((一社)日本調教師会会長)
・武豊(日本騎手クラブ会長)
・岡本金彌(元日本中央競馬会副理事長)
・川ア麻児(日本画家)

TOP
● 騎手記録達成あと少し(9/15)

吉田豊騎手(美浦)通算1200勝あと5勝。田辺騎手(美浦)通算700勝あと8勝。三浦騎手(美浦)通算600勝あと1勝。川島信騎手(栗東)通算300勝あと2勝。高倉騎手(栗東)通算200勝あと2勝。西谷騎手(栗東)通算200勝あと6勝。伊藤工騎手(美浦)通算100勝あと1勝。岩崎翼騎手(栗東)、中井騎手(栗東)通算100勝あと6勝。柴田未騎手(栗東)通算100勝あと8勝。

TOP
● 調教師記録達成あと少し(9/15)

佐々木晶師(栗東)通算500勝あと1勝。藤岡健師(栗東)通算400勝あと2勝。

TOP
● 木幡育也騎手が騎乗停止(9/14)

9月10日に実施された騎手の薬物使用に関する検査において、木幡育也騎手(18歳、美浦・藤沢和厩舎所属)から、対象薬物として指定されている利尿剤「フロセミド」が検出された。
これが、日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号に該当するため、同騎手は9月14日から10月13日まで騎乗停止となった。
【日本中央競馬会競馬施行規程】
第147条
第138条第1項各号及び第145条各号のいずれか又は前条に該当する場合を除き、次の各号のいずれかに該当する馬主、調教師、騎手、調教助手、騎手候補者又は厩務員に対して、期間を定めて、調教若しくは騎乗を停止し、戒告し、又は500,000円以下の過怠金を課する。
(20)競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者

TOP
● 韓国遠征馬3頭が帰国(9/14)

韓国に遠征していたクリソライト(牡7歳、栗東・音無厩舎)、ロンドンタウン(牡4歳、栗東・牧田厩舎)、グレイスフルリープ(牡7歳、栗東・橋口慎厩舎)は9月13日(水)16時14分にKE553便にて関西国際空港に到着した。なお、3頭は輸入検疫のため、同日19時00分に三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)の国際厩舎に入厩した。

TOP
● 2騎手が海外渡航届を提出(9/13)

C.ルメール騎手(38歳、栗東・フリー)と川田将雅騎手(31歳、栗東・フリー)が海外渡航届を提出した。期間は9月25日から10月3日。渡航先はフランス。凱旋門賞騎乗のため。

TOP
● C.ルメール騎手のフランスでの騎乗成績(9/13)

9月10日、C.ルメール騎手(38歳、栗東・フリー)はフランスのシャンティイ競馬場でレース2鞍に騎乗し、プティクヴェール賞(G3、芝1000m)5着(10頭立て)、一般レース(AW1900m)14着(17頭立て)だった。

TOP
● サトノダイヤモンドは4着――フォア賞(9/11)

10日(日本時間11日0:35頃発走)、フランスのシャンティイ競馬場で行われたフォア賞(G2、芝2400m)にC.ルメール騎手騎乗のサトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江寿厩舎)と川田将雅騎手騎乗のサトノノブレス(牡7歳、栗東・池江寿厩舎)が出走。2番手を追走していたサトノダイヤモンドは直線で伸びを欠いて4着。ハナを切ったサトノノブレスは6着に敗れた。優勝はA.デフリース騎手が騎乗したチンギスシークレット(牡4歳、ドイツ・M.クルーク厩舎)。勝ち時計は2分35秒86。

TOP
● ノーザンホースパークが「うん≠ェつく黒糖まんじゅう」を発売(9/10)

苫小牧市のノーザンホースパークはこのほど、オリジナル菓子の新商品「うん≠ェつく黒糖まんじゅう」の発売を開始した。

※詳報は競馬ブックSmart、競馬ブックwebまたはwebライトの週間情報、週刊競馬ブックの日高通信365にも記載しております。

TOP
● JRAのサマーセール購買馬が浦河・宮崎へ移動(9/10)

JRA日本中央競馬会のサマーセール購買馬が8月28日、30日、31日に、浦河町のJRA日高育成牧場と宮崎県のJRA宮崎育成牧場に移動した。今後はJRA育成馬として育成調教され、来年のブリーズアップセールを目指していく。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● マンハッタンカフェがJRA通算1000勝(9/10)

9月3日に小倉競馬場で行われた2歳新馬戦「メイクデビュー小倉」において、マンハッタンカフェ産駒のメイショウテッコン(牡2歳、栗東・高橋義忠厩舎)がデビュー勝ちを収め、マンハッタンカフェ(牡、父サンデーサイレンス)はJRA通算1000勝を達成した。通算1000勝は史上18頭目の快挙。2006年の初産駒デビューから12年目での記録となった。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● HBAが『2017年軽種馬当歳馬名簿』を発刊(9/10)

HBA日高軽種馬農協はこのほど、『2017(平成29)年生産軽種馬当歳馬名簿』を発刊し、軽種馬関係者や関係団体に配布した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● オルフェーヴルが2歳新種牡馬のJRA重賞制覇一番乗り(9/10)

9月2日に札幌競馬場で行われたG3札幌2歳Sにおいて、オルフェーヴル産駒のロックディスタウン(牝2歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)がデビュー2連勝を飾り、オルフェーヴル(牡9歳、父ステイゴールド)は、今年初年度産駒をデビューさせる本邦2歳新種牡馬のJRA重賞制覇一番乗りを決めた。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● 札幌競馬場にゴールドシップが登場(9/10)

2012年のG1皐月賞、G1菊花賞のクラシック2冠などG1・6勝を挙げ、昨シーズンから新冠町のビッグレッドファームで種牡馬として繋養されているゴールドシップ(牡8歳、父ステイゴールド)が9月2日、JRA北海道シリーズの最終週を迎えた札幌競馬場でファンにお披露目された。ゴールドシップが札幌競馬場に足を踏み入れるのは、14年のG2札幌記念に出走以来のこと。お披露目は札幌・小倉・新潟の3競馬場の最終レースが終わった後にもかかわらず、大勢のファンが何重にもパドックを取り囲んだ。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● ロンドンタウンがコリアカップ優勝(9/10)

9月10日に韓国・ソウル競馬場で行われたコリアカップ(韓国G1、ダート1800m)は、日本から参戦したロンドンタウン(牡4歳、栗東・牧田厩舎、岩田騎手騎乗)が制覇。2着に昨年の覇者クリソライト(牡7歳、栗東・音無厩舎、武豊騎手騎乗)が入り、日本馬のワンツーフィニッシュを飾った。
レースは3番人気ロンドンタウンが大外枠から好スタートを決めて主導権を握り、1番人気クリソライトが2番手でこれを追う形。3角過ぎから2頭で後続を離してマッチレース。直線を向くと、ロンドンタウンが追いすがるクリソライトを振り切り、4馬身の差をつけて逃げ切った。勝ちタイムは1分50秒7(良馬場)。
牧田師(ロンドンタウン):スタートが良く、ジョッキーの判断でいいペースで進めることができました。直線を向いても手応えがあり、安心して見ることができました。前走レコード勝ちのあと、中間の調整もうまくいき、本当に今は力をつけています。
岩田騎手(ロンドンタウン):外枠だったのでクリソライトを見る形で行こうと考えていましたが、スタートが良かったのでそのまま行かせました。いいペースで進めたので、思ったより楽に勝てたと思います。ソウル競馬場はスタンドもターフビジョンも大きく、お客さんの雰囲気も素晴らしいと感じました。

TOP
● サマーシリーズの優勝馬・優勝騎手が決定(9/10)

6月18日の函館スプリントSからスタートしたサマーシリーズ各競走は、9月10日のセントウルSと京成杯AHで予定されていた14鞍すべてが終了した。
ジョッキーズ≠ヘ、函館SS、CBC賞を制すなど7鞍で32ポイントを獲得した北村友一騎手(30歳、栗東・フリー)が優勝。北村友騎手には報奨金100万と賞品が交付される。
スプリント≠ヘアイビスSDの覇者ラインミーティア(牡7歳、美浦・水野厩舎)が、最終戦のセントウルSで2着を確保して合計16ポイントを獲得し逆転優勝。またマイル≠ヘ中京記念を制したウインガニオン(牡5歳、栗東・西園厩舎)と、最終戦の京成杯AHを制したグランシルク(牡5歳、美浦・戸田厩舎)が15ポイントで並び、同点優勝となった。
ラインミーティアの関係者には、褒賞金が馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円、ウインガニオンとグランシルクの関係者には、各馬主に1200万円、各厩舎関係者に300万円交付される。

TOP
● グレイスフルリープがコリアスプリント制覇(9/10)

9月10日に韓国・ソウル競馬場でコリアスプリント(韓国G1、ダート1200m)が行われ、日本から出走したグレイスフルリープ(牡7歳、栗東・橋口慎厩舎、武豊騎手騎乗)が優勝した。
6番人気の評価を受けたグレイスフルリープは2番手追走。楽な手応えで直線を向くと、逃げるパーディドポメロイを残り300mで交わして先頭。追い上げるパワーブレードに1馬身4分の3の差をつけて押し切った。勝ち時計は1分10秒7(良馬場)。
橋口慎師:理想的な位置につけることができ、馬も気持ち良く走っていました。私もまだ開業2年目で大きなレースの経験も少ないですが、コリアスプリントは韓国G1ですし、海外で大きなレースに勝てて嬉しいです。スタッフが感激する顔を見て、本当に良かったと実感しました。
武豊騎手:馬の状態が良く、スタートが決まったのが大きかったと思います。理想的な展開にすることができました。ラストはよく馬が頑張ってくれました。お客さんも多くて韓国競馬の盛り上がりを肌で感じましたし、このような場で初騎乗初勝利ができて本当に嬉しいです。

TOP
 

←最新のニュースに戻る
過去のニュース【2017年】
12月 3〜9日
11月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜2日
10月 1〜8日 9〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜4日
9月 3〜9日 10〜17日 18〜23日 24〜30日
8月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜2日
7月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
6月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜1日
5月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
4月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜6日
3月 5〜11日 12〜19日 20〜25日 26〜1日
2月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜4日
1月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜4日
過去のニュース【2016年】
12月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜31日
11月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜3日
10月 2〜9日 10〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
9月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜1日
8月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
7月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
6月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜2日
5月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜4日
4月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日
3月 6〜12日 13〜20日 21〜26日 27〜2日
2月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜5日
1月 3〜10日 11〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
過去のニュース【2015年】
12月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜2日
11月 1〜7日 8〜14日 15〜22日 23〜28日 29〜5日
10月 4〜11日 12〜17日 18〜24日 25〜31日
9月 6〜12日 13〜20日 21〜26日 27〜3日
8月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
7月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜1日
6月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
5月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
4月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜2日
3月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜4日
2月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日
1月 5〜11日 12〜17日 18〜24日 25〜31日
過去のニュース【2014年】
12月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
11月 2〜8日 9〜15日 16〜23日 24〜29日 30〜6日
10月 5〜12日 13〜18日 19〜25日 26〜1日
9月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
8月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
7月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜2日
6月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜5日
5月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜31日
4月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜3日
3月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
2月 2〜9日 10〜17日 18〜23日 24〜1日
1月 6〜12日 13〜18日 19〜25日 26〜1日
過去のニュース【2013年】
12月 1〜7日 8〜14日 15〜22日 23〜28日 29〜5日
11月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日
10月 6〜13日 14〜19日 20〜26日 27〜2日
9月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜5日
8月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜31日
7月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
6月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜6日
5月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜1日
4月 7〜13日 14〜20日 21〜28日 29〜4日
3月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
2月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜2日  
1月 6〜13日 14〜20日 21〜26日 27〜2日  
過去のニュース【2012年】
12月 2〜8日 9〜15日 16〜23日 24〜29日 30〜5日
11月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜1日
10月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
powered by keibabook