KNNニューストピックス
RSS
● アドマイヤサガスが船橋へ移籍(6/18)

14年の北海道スプリントカップ(Jpn3)に優勝したアドマイヤサガス(牡8歳、栗東・橋田厩舎)が、6月18日付でJRAの競走馬登録を抹消された。今後は船橋競馬へ移籍する予定。通算成績は44戦7勝(うち地方5戦1勝)。重賞は上記の1勝。

TOP
● キングカメハメハがJRA通算1400勝を達成(6/18)

18日(土)の函館競馬第1Rでハヤブサプリプリ(牝3)が1着となり、キングカメハメハ産駒のJRA通算勝利数が1400勝となった。これはJRA史上6頭目の記録。キングカメハメハは01年3月20日生まれ。父はキングマンボ。産駒がデビューした08年以来、G1/Jpn1で19勝を含む重賞84勝を挙げている。

TOP
● 騎手記録達成あと少し(6/17)

武士沢騎手(美浦)通算300勝あと5勝。川須騎手(栗東)通算300勝あと8勝。菱田騎手(栗東)通算200勝あと7勝。田中健騎手(栗東)、伊藤工騎手(美浦)通算100勝あと4勝。

TOP
● 調教師記録達成あと少し(6/17)

伊藤伸師(美浦)通算200勝あと2勝。

TOP
● エイシンヒカリは6着――プリンスオブウェールズS(6/16)

6月15日(水)にイギリスのアスコット競馬場で行われたプリンスオブウェールズS(G1、芝10F)にエイシンヒカリ(牡5歳、栗東・坂口則厩舎)が出走し、6着だった。優勝はA.カービー騎手が騎乗したマイドリームボート(牡4歳、イギリス・C.コックス厩舎)。勝ち時計は2分11秒38。
武豊騎手:前半いい感じだったのですが、徐々に掛かりだして、いつもより少し早くスイッチが入ってしまったかもしれません。最後は手応えがありませんでした。簡単なレースになるとは考えていませんでしたが、馬のコンディションは今までで一番と言っていいくらいでしたし、勝つチャンスも十分にあると思っていたので、結果はとても残念です。春シーズンは多くの素晴らしい海外挑戦にかかわり非常に充実したものとなりました。最後に勝って締めくくれなかったのは残念ですが、今後も頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

TOP
● エイシンエルヴィンは10着――クイーンアンS(6/15)

6月14日(火)にイギリスのアスコット競馬場で行われたクイーンアンS(G1、芝8F)にエイシンエルヴィン(牡5歳、栗東・中尾秀厩舎)が出走し、10着だった。優勝はJ.ルパルー騎手が騎乗したテピン(牝5歳、アメリカ・M.キャシー厩舎)。勝ち時計は1分43秒98。

TOP
● T.ベリー騎手が短期免許を取得(6/15)

JRAは15日(水)、トミー・ベリー騎手(25歳、オーストラリア国籍)に短期免許を交付すると発表した。詳細は以下の通り。
【期間】
6月18日〜6月27日
【身元引受調教師】
加藤征弘調教師(美浦)
【契約馬主】
島川隆哉氏

TOP
● 馬上結婚式カップル募集、シンザンフェス実行委(6/12)

浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会は、「第31回シンザンフェスティバル」で催す「サラブレッド馬上結婚式」のカップル募集を開始した。

※詳報は競馬ブックSmart、競馬ブックwebまたはwebライトの週間情報、週刊競馬ブックの日高通信365にも記載しております。

TOP
● JBBA実践研修プログラム(6月〜9月)、申し込み受付開始(6/12)

JBBA日本軽種馬協会はこのほど、浦河町のJRA日高育成牧場で行う実践研修プログラム(6月〜9月)の申し込み受付を開始した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● 新ひだかで「Aiba祭」開催、ホッカイドウ競馬応援イベント(6/12)

新ひだか町のホッカイドウ競馬場外発売所「Aiba(アイバ)静内」隣のさくらセレモニーホールで5月31日夜、ホッカイドウ競馬応援イベント「Aiba祭」が開かれ、競馬ファンや家族連れなど約200人がグランシャリオナイターを楽しんだ。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● 桜花賞馬ハープスターの初仔がお披露目(6/12)

2014年の桜花賞馬で、昨シーズンから生まれ故郷である安平町のノーザンファームで繁殖生活を送っているハープスター(牝5歳、父ディープインパクト)に初仔が誕生し、このほど報道陣にお披露目された。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● 上場馬242頭が決定「北海道市場セレクションセール」(6/12)

7月19日に新ひだか町の北海道市場で開催される「2016セレクションセール/サラブレッド1歳」の上場馬がこのほど、主催者のHBA日高軽種馬農協から発表された。今年は実馬検査や選考委員会により決定した242頭(牡168頭、牝74頭)の精鋭が上場される。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● ラニは3着――ベルモントS(6/12)

6月11日にアメリカのベルモントパーク競馬場で行われたベルモントS(G1、ダート約2400m)にラニ(牡3歳、栗東・松永幹厩舎)が出走し、3着だった。優勝はI.オルティスJr.騎手が騎乗したクリエイター(牡3歳、アメリカ・S.アスムッセン厩舎)。勝ちタイムは2分28秒51。
武豊騎手:馬のコンディションも非常に良く、いいレースでした。直線を向いて勝利を意識する瞬間があったほどで、悔しい気持ちも感じています。アメリカのタフな三冠レースすべてに参加し、しかも3つのレースのなかで、進歩しながら三冠レースを盛り上げたラニは素晴らしいと思います。このような貴重な経験をさせていただき、オーナーをはじめ関係者の皆様に感謝しています。

TOP
 

←最新のニュースに戻る
過去のニュース【2016年】
6月 5〜11日
5月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜4日
4月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日
3月 6〜12日 13〜20日 21〜26日 27〜2日
2月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜5日
1月 3〜10日 11〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
過去のニュース【2015年】
12月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜2日
11月 1〜7日 8〜14日 15〜22日 23〜28日 29〜5日
10月 4〜11日 12〜17日 18〜24日 25〜31日
9月 6〜12日 13〜20日 21〜26日 27〜3日
8月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
7月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜1日
6月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
5月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
4月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜2日
3月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜4日
2月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日
1月 5〜11日 12〜17日 18〜24日 25〜31日
過去のニュース【2014年】
12月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
11月 2〜8日 9〜15日 16〜23日 24〜29日 30〜6日
10月 5〜12日 13〜18日 19〜25日 26〜1日
9月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
8月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
7月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜2日
6月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜5日
5月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜31日
4月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜3日
3月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
2月 2〜9日 10〜17日 18〜23日 24〜1日
1月 6〜12日 13〜18日 19〜25日 26〜1日
過去のニュース【2013年】
12月 1〜7日 8〜14日 15〜22日 23〜28日 29〜5日
11月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日
10月 6〜13日 14〜19日 20〜26日 27〜2日
9月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜5日
8月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜31日
7月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
6月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜6日
5月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜1日
4月 7〜13日 14〜20日 21〜28日 29〜4日
3月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
2月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜2日  
1月 6〜13日 14〜20日 21〜26日 27〜2日  
過去のニュース【2012年】
12月 2〜8日 9〜15日 16〜23日 24〜29日 30〜5日
11月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜1日
10月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
powered by keibabook