KNNニューストピックス
RSS
● 中谷雄太騎手が9日間の騎乗停止(4/16)

16日(土)の福島競馬第5Rで、ジングルベルロックが最後の直線コースで内側に斜行し、ハルクの進路が狭くなった。この件について、ジングルベルロックに騎乗した中谷雄太騎手(36歳、栗東・フリー)は、4月23日から5月1日まで9日間の騎乗停止となった。

TOP
● 森裕太朗騎手がJRA初勝利(4/16)

16日(土)の福島競馬第2Rでコーディネーターが1着となり、同馬に騎乗した森裕太朗騎手(19歳、栗東・鈴木孝厩舎所属)がJRA初勝利を挙げた。3月5日の初騎乗以来29戦目。
森裕騎手:同期が初勝利を挙げていくなかで焦りもありましたが、やっと勝つことができ、ホッとしています。宮城県から応援に来てくれた両親、祖父の前で勝てたことも嬉しいです。この1勝は乗せていただいたオーナーをはじめ関係者の方々のおかげです。これからも、もっと自分の技術を向上させていきたいと思います。

TOP
● ウインズ八代が今週の営業を取りやめ(4/16)

ウインズ八代(熊本県八代市)は、熊本地方の地震による影響から、4月16、17日の営業を取りやめる。

TOP
● 騎手記録達成あと少し(4/15)

熊沢騎手(栗東)通算1000勝あと1勝。和田竜騎手(栗東)通算1000勝あと7勝。勝浦騎手(美浦)通算800勝あと4勝。太宰騎手(栗東)通算500勝あと3勝。松田騎手(栗東)通算400勝あと3勝。武士沢騎手(美浦)通算300勝あと7勝。田中健騎手(栗東)通算100勝あと4勝。伊藤工騎手(美浦)通算100勝あと5勝。

TOP
● 首位は126で2頭タイ(4/15)

15日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)より、ドバイワールドカップデーの諸競走やドンカスターマイルなどが含まれる本年1月1日から4月10日までのロンジンワールドベストレースホースランキングが発表され、118以上の27頭が掲載された。首位はカリフォルニアクロームとウィンクスの2頭で126。カリフォルニアクロームは今年1回目の発表では121でトップタイだったが、ドバイワールドカップを制してレーティングを上げた。豪調教牝馬のウィンクスはハンデキャップ競走のドンカスターマイルを56.5Kで快勝して126となり、アローワンスを考慮すれば単独トップとなる。昨年5月から続く連勝を9に伸ばし、6度目のG1勝ちとなった。3位は前回トップタイだったポストポーンドで、ドバイシーマクラシックの勝利により121→124に。4位タイにドゥラメンテとT.J.スミスステークスを連覇したシャトーカが121で続いた。ドゥラメンテはドバイシーマクラシックで2着だったが、レーティングは上がらず前回のトップタイから4位タイとなっている。日本調教馬は他に4頭が掲載され、日経賞を勝ったゴールドアクターと、ドバイターフを勝ったリアルスティールが119で8位タイ、大阪杯2着のキタサンブラックと

TOP
● T.ベリー騎手が海外渡航届を提出(4/14)

トミー・ベリー騎手(25歳、オーストラリア国籍)が海外渡航届を提出した。期間は4月24日から4月29日。渡航先は香港。渡航理由はクイーンエリザベスU世カップ(G1)等に騎乗するため。

TOP
● T.ベリー騎手が短期免許を取得(4/13)

JRAは13日(水)、トミー・ベリー騎手(25歳、オーストラリア国籍)に短期免許を交付すると発表した。詳細は以下の通り。
【期間】
4月16日〜6月5日
【身元引受調教師】
加藤征弘調教師(美浦)
【契約馬主】
島川隆哉氏

TOP
● 田中博康騎手が海外渡航届を提出(4/13)

田中博康騎手(30歳、美浦・フリー)が海外渡航届を提出した。期間は4月19日から6月12日。渡航先はフランス。渡航理由は研修のため。

TOP
● ボールライトニングが骨折(4/13)

昨年の京王杯2歳Sの勝ち馬で、4月9日のニュージーランドトロフィーで12着だったボールライトニング(牡3歳、栗東・宮本厩舎)が、右第1指骨剥離骨折を発症していることが判明した。今後3カ月以上の休養を要する見込み。

TOP
● 2016年「JRA産地馬体検査」の日程決まる(4/10)

JRA日本中央競馬会はこのほど、「2016年度産地馬体検査」の日程を発表した。今年は4月12日から15日の第1回北海道地区からスタート。東北地区、九州地区と続き、6月の第2回北海道地区までで、3地区5カ所で実施される。

※詳報は競馬ブックSmart、競馬ブックwebまたはwebライトの週間情報、週刊競馬ブックの日高通信365にも記載しております。

TOP
● 荻伏ブリーディングシステムが解散(4/10)

浦河町の軽種馬総合商社、渇ャ伏ブリーディングシステムが2月末日で解散し、事務所が閉鎖されたことが明らかになった。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● 北海道市場「トレーニングセール」上場馬253頭が決定(4/10)

HBA日高軽種馬農協はこのほど、5月24日に札幌市のJRA札幌競馬場で開催する今年最初の北海道市場「トレーニングセール/サラブレッド2歳」の上場馬253頭を発表した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● BTCで馬場清め式、人馬の安全を祈願(4/10)

浦河町のBTC軽種馬育成調教センターは3月30日、屋内1000b直線馬場南旋回場で「馬場清め式」を催し、人馬の安全と利用馬の活躍を祈願した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● BTC第34期研修開講式、21名が入講(4/10)

浦河町のBTC軽種馬育成調教センターで4月5日、「BTC育成調教技術者養成研修」の第34期生開講式が行われ、全国から集まった21名がホースマンになるためのスタートラインに立った。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● 門別競馬場がLEDフル導入、完成を祝う(4/10)

ホッカイドウ競馬の拠点となる日高町の門別競馬場で4月5日夜、LEDフル導入に伴う「門別競馬場馬場等LED照明工事」の竣工式が開かれ、出席した関係者らが施設の完成を祝った。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

TOP
● 田中勝春騎手がJRA通算1700勝を達成(4/10)

10日(日)の福島競馬第3Rでエバーキュートが1着となり、同馬に騎乗した田中勝春騎手(45歳、美浦・フリー)が89年3月4日の初騎乗以来18186戦目でJRA通算1700勝を達成した。G1/Jpn1はヤマニンゼファーで制した92年安田記念、ヴィクトリーで制した07年皐月賞の2勝。重賞は上記を含め、計49勝。
田中勝騎手:デビューして27年、おかげさまでここまで大きな怪我もなく順調にくることができました。福島競馬場は個人的に相性のいい競馬場なので、ここで達成できてとてもうれしいです。次は2000勝を目標に、皆さんに喜んでもらえる競馬をしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

TOP
● 藤岡佑介騎手がJRA通算600勝を達成(4/10)

10日(日)の中山競馬第11Rでエイシンスパルタンが1着となり、同馬に騎乗した藤岡佑介騎手(30歳、栗東・フリー)が04年3月6日の初騎乗以来7510戦目でJRA通算600勝を達成した。重賞はスーパーホーネットで制した07年スワンS、08年京王杯SC、毎日王冠、09年マイラーズC(いずれもG2)など23勝を挙げている。
藤岡佑:前回の区切りの500勝から600勝までがデビュー以来1番長くかかったので、達成できてホッとしています。怪我で休んでいる間は、ジョッキーは大きいレースで勝ってアピールしなければと思っていたので、メインレースで達成できて良かったです。大きなレースを目標にはしていますが、そこに向かってひとつひとつ積み重ねて、与えられた仕事をキッチリこなしていきたいと思います。これからも頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

TOP
● 藤田菜七子騎手がJRA初勝利(4/10)

10日(日)の福島競馬第9Rでサニーデイズが1着となり、同馬に騎乗した藤田菜七子騎手(18歳、美浦・根本厩舎所属)がJRA初勝利を挙げた。3月5日の初騎乗以来51戦目。
藤田菜騎手:これまでなかなか思うような騎乗ができませんでしたが、このレースは思い描いた騎乗ができ、ようやく初勝利を挙げることができて、ホッとしています。今日まで応援してくれた方々には感謝の気持ちで一杯です。次の目標は2勝目を挙げることです。これからもよろしくお願いします。

TOP
● 加用正調教師がJRA通算500勝を達成(4/10)

10日(日)の阪神競馬第8Rでサウススターマン(牡5歳)が1着となり、同馬を管理する加用正調教師(62歳、栗東)が94年4月23日の管理馬初出走以来5474戦目でJRA通算500勝を達成した。現役では24人目。重賞はランニングゲイルで97年弥生賞(G2)に優勝するなど計13勝。
加用師:開業して以来、馬主さん、ファンの皆様、厩舎スタッフをはじめ本当に多くの方々に支えていただいたおかげで、ここまで順調にくることができました。お世話になったすべての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。今後は次の目標に向かって気を引き締めてまた頑張っていきたいです。

TOP
● 今年のWASJは8月27、28日に札幌で開催(4/10)

今年のワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)は第2回札幌競馬第3・4日〔8月27日(土)・28日(日)〕に行われることとなった。

TOP
● 荻野極騎手がJRA初勝利(4/10)

10日(日)の阪神競馬第3Rでタガノインペーロが1着となり、同馬に騎乗した荻野極騎手(18歳、栗東・清水久厩舎所属)がJRA初勝利を挙げた。3月5日の初騎乗以来29戦目。単勝払戻は43,390円(15番人気/16頭立て)で、JRA新人騎手の単勝式では最高の払戻となった。
荻野極騎手:今日は馬を前に出すことだけを考えて騎乗しました。ゴール前は後続の馬の足音が聞こえてきましたが、何とか辛抱してくれと願いました。今まで乗せていただいた関係者のみなさんに感謝したいと思います。これからも頑張りたいと思います。

TOP
● 高野和馬騎手が骨折(4/10)

9日(土)の福島競馬第5Rでウインヤードが2周目1号障害(ハードル)飛越着地時に躓き、同馬に騎乗した高野和馬騎手(31歳、美浦・フリー)が落馬した。同騎手は、右鎖骨骨折と診断された。

TOP
 

←最新のニュースに戻る
過去のニュース【2016年】
4月 3〜9日
3月 6〜12日 13〜20日 21〜26日 27〜2日
2月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜5日
1月 3〜10日 11〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
過去のニュース【2015年】
12月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜2日
11月 1〜7日 8〜14日 15〜22日 23〜28日 29〜5日
10月 4〜11日 12〜17日 18〜24日 25〜31日
9月 6〜12日 13〜20日 21〜26日 27〜3日
8月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
7月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜1日
6月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
5月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
4月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜2日
3月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜4日
2月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日
1月 5〜11日 12〜17日 18〜24日 25〜31日
過去のニュース【2014年】
12月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
11月 2〜8日 9〜15日 16〜23日 24〜29日 30〜6日
10月 5〜12日 13〜18日 19〜25日 26〜1日
9月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜4日
8月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
7月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜2日
6月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜5日
5月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜31日
4月 6〜12日 13〜19日 20〜26日 27〜3日
3月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜5日
2月 2〜9日 10〜17日 18〜23日 24〜1日
1月 6〜12日 13〜18日 19〜25日 26〜1日
過去のニュース【2013年】
12月 1〜7日 8〜14日 15〜22日 23〜28日 29〜5日
11月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日
10月 6〜13日 14〜19日 20〜26日 27〜2日
9月 1〜7日 8〜14日 15〜21日 22〜28日 29〜5日
8月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜31日
7月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
6月 2〜8日 9〜15日 16〜22日 23〜29日 30〜6日
5月 5〜11日 12〜18日 19〜25日 26〜1日
4月 7〜13日 14〜20日 21〜28日 29〜4日
3月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜30日 31〜6日
2月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜2日  
1月 6〜13日 14〜20日 21〜26日 27〜2日  
過去のニュース【2012年】
12月 2〜8日 9〜15日 16〜23日 24〜29日 30〜5日
11月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜1日
10月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
powered by keibabook