KNNニューストピックス

● 村山明調教師がJRA通算100勝達成(3/30)

30日(土)の阪神競馬第10Rでラブイズブーシェが1着となり、同馬を管理する村山明調教師(41歳、栗東)はJRA通算100勝を達成した。重賞は3勝で、G1は昨年のフェブラリーSの1勝。
村山師:ここまで順調にこれたと感じています。100勝を達成できたのは、いいオーナー、生産者、牧場スタッフ、そして厩舎スタッフの努力のおかげであり、とても感謝しています。競馬で1つ勝つことは大変なので、今後もレベルの高い競馬ができるように厩舎一丸となって、次の1勝に向けて頑張っていきたいと思います。

TOP
● 調教師記録達成あと少し(4/29)

高橋祥師(美浦)通算500勝あと1勝。福島信師(栗東)通算300勝あと2勝。谷原師(美浦)、石毛師(美浦)通算200勝あと2勝。村山師(栗東)通算100勝あと1勝。

TOP
● エイシンフラッシュ招待受諾――クイーンエリザベス2世C(4/29)

4月28日(日)に香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベス2世カップ(G1、芝2000m)にエイシンフラッシュ(牡6歳、栗東・藤原英厩舎)が選出され、関係者が招待を受諾した。

TOP
● 前年覇者モンテロッソは10番ゲート――ドバイワールドカップ(3/28)

賞金総額1000万米ドルをかけてアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で争われるドバイワールドカップ(G1、オールウェザー2000m)の枠順が確定した。前年の勝ち馬モンテロッソ(牡6)は10番(馬番とゲート番は同じ)、アメリカから挑む一昨年のケンタッキーダービー馬アニマルキングダム(牡5)は12番、昨年の米最優秀古牝馬ロイヤルデルタ(牝5)は8番となった。このレースには日本馬の出走はない。
●ドバイワールドカップ(G1)
3月30日(土) メイダン競馬場
AW2000m 北半球産4歳以上・南半球産3歳以上
9R 22:05(日本時間27:05)発走
賞金総額:1000万米ドル 1着賞金:600万米ドル
ゲート番 馬番 馬 名 アルファベット( )内は生産国
………… 性齢 重量 調教師/騎手
1 (1) トレジャービーチ Treasure Beach(GB)
………… 牡5 57 デコック/スミヨン
2 (2) レッドカドー Red Cadeaux(GB)
………… セン7 57 ダンロップ/モッセ
3 (3) デュラハン Dullahan(USA)
………… 牡4 57 ローマンズ/スティーヴンス
4 (4) ハンターズライト Hunter's Light(IRE)
………… 牡5 57 サイード・ビン・スルール/デ・ソウサ
5 (5) カッポーニ Capponi(IRE)
………… 牡6 57 マームード・アル・ザルーニ/アフマド・アジテビ
6 (6) サイドグランス Side Glance(GB)
………… セン6 57 ボールディング/スペンサー
7 (7) プラントゥール Planteur(IRE)
………… 牡6 57 ボッティ ムーア
8 (8) ロイヤルデルタ Royal Delta(USA)
………… 牝5 55 モット/スミス
9 (9) メアンドル Meandre(FR)
………… 牡5 57 ファーブル/ギュイヨン
10 (10) モンテロッソ Monterosso(GB)
………… 牡6 57 マームード・アル・ザルーニ/バルザローナ
11 (11) アフリカンストーリー African Story(GB)
………… セン6 57 サイード・ビン・スルール/ファロン
12 (12) アニマルキングダム Animal Kingdom(USA)
………… 牡5 57 モーション/ロサリオ
13 (13) カシアーノ Kassiano(GER)
………… セン4 57 サイード・ビン・スルール/ビュイック

TOP
● ヴェルデグリーンは新潟大賞典へ(3/28)

常総S(中山芝2000m)で3連勝を飾りオープン入りを果たしたヴェルデグリーン(牡5歳、美浦・相沢厩舎)は、5月4日の新潟大賞典(芝2000m、G3)へ向かうことになった。

TOP
● ケイアイレオーネは10番ゲート――UAEダービー枠順確定(3/27)

UAEダービー(G2、AW1900m、1着賞金120万米ドル)に出走するケイアイレオーネ(牡3、栗東・西浦)は12頭立ての10ゲート10番。発走は日本時間23:25の予定。
●UAEダービー(G2)
3月30日(土) メイダン競馬場
AW1900m 3歳
4R18:25(日本時間23:25)発走
総賞金:200万米ドル 1着賞金:120万米ドル
ゲート番 馬番  馬 名 アルファベット( )内は生産国
………… 性齢 重量 調教師/騎手
1(1) ローインフォースメント Law Enforcement(IRE)
………… 牡3 55 ハノン(英)/ヒューズ
2(2) エレヴァル Elleval(IRE)
………… セン3 55 マーネーン(愛)/リンチ
3(3) ナウスパン Now Spun(USA)
………… 牡3 55 マームード・アル・ザルーニ/バルザローナ
4(4) ラインズオブバトル Lines of Battle(USA)
………… 牡3 55 オブライエン(愛)/ムーア
5(5) ダイスフレーヴァー Dice Flavor(USA)
………… 牡3 55 ギャラハー(米)/ヴァルディヴィアJr.
6(6) エモティフ Emotif(ARG)
………… 牝3 57.5 デコック(南ア)/コスグレーヴ
7(7) シークレットナンバー Secret Number(GB)
………… 牡3 55 サイード・ビン・スルール/デ・ソウサ
8(8) ザヒー Zahee(NZ)
………… 牡3 59.5 デコック(南ア)/スミヨン
9(9) シュルク Shuruq(USA)
………… 牝3 53 サイード・ビン・スルール/ハナガン
10(10) ケイアイレオーネ Keiai Leone(JPN)
………… 牡3 55 西浦勝一/幸英明
11(11) スノーボーダー Snowboarder(USA)
………… 牡3 55 マームード・アル・ザルーニ/ビュイック
12(12) ヒーズハドイナフ He's Had Enough(USA)
………… 牡3 55 オニール(米)/グティエレス

TOP
● タイセイレジェンドは9番ゲート――ドバイゴールデンシャヒーン枠順確定(3/27)

ドバイゴールデンシャヒーン(G1、AW1200m、1着賞金120万米ドル)に出走するタイセイレジェンド(牡6、栗東・矢作)は13頭立ての9ゲート9番となった。発走は日本時間24:45の予定。
●ドバイゴールデンシャヒーン(G1)
3月30日(土) メイダン競馬場
AW1200m 3歳以上
6R 19:45(日本時間24:45)発走
総賞金:200万米ドル 1着賞金:120万米ドル
ゲート番 馬番  馬 名 アルファベット( )内は生産国
………… 性齢 重量 調教師/騎手
1(1) フレデリックエンゲルス Frederick Engels(GB)
………… セン4 57 ムーア(香)/マーウィング
2(2) ゴードンロードバイロン Gordon Lord Byron(IRE)
………… セン5 57 ホーガン(愛)/ビュイック
3(3) トリニバーグ Trinniberg(USA)
………… 牡4 57 パルブー(米)/マルティネス
4(4) リプライ Reply(IRE)
………… 牡4 57 オブライエン(愛)/オブライエン
5(5) レイナルドザウィザード Reynaldothewizard(USA)
………… セン7 57 シーマー/マレン
6(6) バルモントマスト Balmont Mast(IRE)
………… セン5 57 ライナム(愛)/ムルタ
7(7) カバナー Kavanagh(SAF)
………… セン5 57 デコック(南ア)/スミヨン
8(8) ユナイテッドカラー United Color(USA)
………… 牡4 57 セルヴァラトナム/フォーチュン
9(9) タイセイレジェンド Taisei Legend(JPN)
………… 牡6 57 矢作芳人/ムーア
10(10) メンタル Mental(AUS)
………… セン4 57 マームード・アル・ザルーニ/バルザローナ
11(11) タマーザル Tamaathul(GB)
………… セン6 57 アリ・ラシッド・アル・ライヒ/ハナガン
12(12) プライベートゾーン Private Zone(CAN)
………… セン4 57 オニール(米)/ペドロザ
13(13) クリプトンファクター Krypton Factor(GB)
………… セン5 57 ファウジ・ナス(バーレーン)/ファロン

TOP
● ジェンティルドンナは8番ゲート――ドバイシーマクラシック枠順確定(3/27)

3月30日(土)にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイシーマクラシック(G1、芝2400m、1着賞金300万米ドル)の枠順が確定した。日本から遠征したジェンティルドンナ(牝4、栗東・石坂)は11頭立ての8ゲート8番、トレイルブレイザー(牡6、栗東・池江寿)は7ゲート7番となった。発走は日本時間の26時20分の予定。これらドバイワールドカップ開催のレースの模様はグリーンチャンネルで生中継(23:00〜27:30、BS=234ch、スカパー!などで無料放送あり)される。
●ドバイシーマクラシック(G1)
3月30日(土) メイダン競馬場
芝2400m 北半球産4歳以上・南半球産3歳以上
8R 21:20(日本時間26:20)発走
賞金総額:500万米ドル 1着賞金:300万米ドル
ゲート番 馬番  馬 名 アルファベット( )内は生産国
………… 性齢 重量 調教師/騎手
1(1) シャレータ Shareta(IRE)
………… 牝5 55 ドゥロワイエデュプレ(仏)/ルメール
2(2) ロイヤルダイアモンド Royal Diamond(IRE)
………… セン7 57 カーモディ(愛)/ムルタ
3(3) ジローラモ Girolamo(GER)
………… 牡4 56.5 シールゲン(独)/シュタルケ
4(4) プリンスビショップ Prince Bishop(IRE)
………… セン6 57 サイード・ビン・スルール/バルザローナ
5(5) シャレスタン Sharestan(IRE)
………… 牡5 57 サイード・ビン・スルール/デ・ソウサ
6(6) セントニコラスアビー St Nicholas Abbey(IRE)
………… 牡6 57 オブライエン(愛)/オブライエン
7(7) トレイルブレイザー Trailblazer(JPN)
………… 牡6 57 池江泰寿/武豊
8(8) ジェンティルドンナ Gentildonna(JPN)
………… 牝4 54.5 石坂正/岩田康誠
9(9) ベリーナイスネイム Very Nice Name(FR)
………… 牡4 56.5 ミユール(カタール)/ペリエ
10(10) ドゥーナデン Dunaden(FR)
………… 牡7 57 デルザングル(仏)/スペンサー
11(11) アウェイトザドーン Await The Dawn(USA)
………… 牡6 57 デコック(南ア)/コスグレーヴ

TOP
● メイケイペガスターは皐月賞へ(3/27)

3月16日の若葉S(阪神、芝2000m)で8着だったメイケイペガスター(牡3歳、栗東・木原厩舎)は、引き続き藤岡佑介騎手とのコンビで4月14日の皐月賞(G1、中山、芝2000m)へ向かう予定。

TOP
● NHK杯優勝馬マイシンザンが死亡(3/24)

1993年のNHK杯優勝馬で、静岡県の乗馬クラブエクワインホリックに繋養されていたマイシンザン(牡、父ミホシンザン)が3月16日未明、腸ねん転のため23歳で死亡した。
同馬は2冠馬ミホシンザンの2年目産駒。同期にはウイニングチケット、ビワハヤヒデ、ナリタタイシンらがおり、現役時代は93年のG2NHK杯、95年のG3朝日チャレンジCなど12戦4勝の成績を収めた。
現役引退後の97年に新冠町のCBスタッドで種牡馬入り。2002年シーズンを最後に種牡馬を引退してからは、名馬のふるさとステーションを経て、05年から引退名馬繋養展示事業の助成を受け、吉澤ステーブルや同クラブで功労馬として余生を送っていた。

TOP
● G2勝ち馬ゴールデンジャックが死亡(3/24)

1994年のオークス2着馬で重賞2勝を記録したゴールデンジャック(牝、父アフリート)が3月15日未明、繁殖生活を送っていた日高町のタバタファームで心不全のため22歳で死亡した。
同馬はチョウカイキャロル、ヒシアマゾン、オグリローマン、ツルマルガールなどと同世代。全弟にG1JBCスプリント勝ち馬で種牡馬としても活躍中のスターリングローズがいる。現役時代は94年のG2・4歳牝馬特別・西、G2・4歳牝馬特別・東を制するなど、29戦4勝の成績を残した。
現役引退後の97年に生まれ故郷の同ファームに戻り繁殖入りすると、初仔のサイドワインダーが2003年のG3京都金杯など重賞3勝を挙げ活躍。10番仔となる現3歳のプリンセスジャックは新馬、特別を連勝して桜花賞戦線に名乗りを上げている。今月13日に出産したヴィクトワールピサの牝馬が最後の産駒となった。

TOP
● 「Aiba静内」がリニューアルオープン(ホッカイドウ競馬)(3/24)

新ひだか町のホッカイドウ競馬場外発売所「Aiba(アイバ)静内」が3月18日、リニューアルオープンした。
Aiba静内は2001年9月に開設された道内最初のミニ場外。莫大な累積赤字を抱える同競馬が売上拡大を図る目的で、国道235号線沿いの商業施設内に総工費約3500万円をかけて設置したが、商業施設の再開発に伴い、昨年11月15日をもって一時閉鎖されていた。
当初は再開発された商業施設内に入居する予定だったが、JRAウインズ静内閉鎖後のJRA馬券発売時の駐車場不足が懸念され頓挫。新たにHRA北海道軽種馬振興公社が旧施設に近い商業店舗跡と土地を1億2000万円で買い取り、2500万円の予算で改修工事を進めていた。
リニューアルしたAiba静内は、敷地面積606平方メートル、フロアーは330平方メートルで200名が収容可能。自動発売機6台、自動発売払戻機2台、場内モニター32台を設置したほか喫煙コーナーも設けた。座席数は132席で、ロビーチェアー80席とテーブル14脚52席を用意。懸念された駐車場も150台が無料で利用できるようにした。
オープン前には内覧会が開かれ、同競馬関係者など約50名が出席。挨拶に立った北海道農政部競馬事業室の大野克之参事は「関係者の協力によりこのような立派な施設ができました。23日からはJRAの馬券も買えるようになります。馬産地にあるAibaとして地域に愛される施設になってほしい」と完成を祝った。
初日は先着100名に『競馬ブック』などの競馬新聞やティッシュをプレゼント。オープンと同時に多くの競馬ファンが訪れ、久しぶりの競馬を楽しんでいた。
Aiba静内ではホッカイドウ競馬のほか、他地区の地方競馬とJRAの馬券を通年で発売。ホッカイドウ競馬は7160万6000円、他地区の地方競馬は2億600万4000円、JRAは5億3607万円の計8億1368万円の発売を計画している。

TOP
● 「IBBA通常総会」開催、新年度事業を承認(3/24)

IBBA胆振軽種馬農協の「第48回通常総会」が3月14日、登別市の登別グランドホテルで開催され、2012年度の事業報告、13年度の事業計画などが満場一致で承認された。
総会には高橋秀昌IBBA組合長や理事、組合員、来賓など約80名が出席。高橋組合長は「昨年、種馬場から輸出検疫施設に衣替えした胆振種馬場は、今年2月に道の認可を受け、いつでも稼動できる態勢です。現在、当組合が抱える大きな問題は組合員数の減少。この機会に組合や各振興会のあり方を考えていきたい」と挨拶した。
来賓の西村啓二JBBA日本軽種馬協会副会長は「昨年の北海道市場は好調で、展望が開ける状況に来ていると言えます。皆様の奮闘を期待してJBBAも頑張りたい」と激励。ほか、朝井洋JRA日本中央競馬会馬事部長、井村勝昭HRA北海道軽種馬振興公社専務理事からも祝辞が送られた。
IBBA組合員の生産馬は昨年、ジェンティルドンナのG1ジャパンC、オルフェーヴルのG1宝塚記念など重賞54勝を記録。総会後には祝賀会も行われ、胆振産馬の功績を讃えるとともに、今後の活躍を祈った。

TOP
● JBBAボーナス制度の目録を授与(3/24)

JBBA日本軽種馬協会は3月15日、昨年のG1JBCクラシックを制したワンダーアキュート(牡7歳、父カリズマティック)の繁殖牝馬所有者である山本信行オーナーに対し、種付権利ボーナス制度の目録を贈呈した。
JBBAでは2010年からJBBA所有種牡馬産駒がJRAG1及び交流G1に優勝した場合、所有種牡馬の種付権利を無償で贈呈するボーナス制度を導入。贈呈は10年のG1菊花賞を制覇したビッグウィーク(牡6歳、父バゴ)以来、2頭目の快挙となった。
新ひだか町で行われた表彰式では、山本オーナーの代理で生産者であるフクダファームの福田真一代表が出席。西村啓二JBBA副会長からエンパイアメーカーの種付権利目録が手渡された。
ボーナス制度の対象は当該馬の繁殖牝馬所有者。優勝年もしくは翌年に1頭の繁殖牝馬に対し、希望する1頭のJBBA種牡馬を無償で種付けできる。

TOP
● IBBAが“V10”、JRA生産者団体表彰(3/24)

JRA日本中央競馬会が実施する「2012年度生産者団体表彰」が3月14日、登別市の登別グランドホテルで行われ、10年連続で第1位に輝いたIBBA胆振軽種馬農協の快挙を祝った。
この団体表彰は国内の軽種馬生産の振興と軽種馬の生産育成について、各産地間の切磋琢磨を一層促し、競走馬の資質向上に役立てるためのもの。1990年から行っている。
IBBAは昨年、牝馬三冠のほかG1ジャパンCを制して年度代表馬に選出されたジェンティルドンナ、G1天皇賞・秋優勝のエイシンフラッシュ、G1宝塚記念を制覇したオルフェーヴルなどが活躍。重賞勝ち馬の獲得本賞金額は37億1700万円に達し、前身のJBBA日本軽種馬協会胆振支部の時代から10年連続、通算20回目の栄冠となった。
表彰式では高橋秀昌IBBA組合長に朝井洋JRA馬事部長が賞状とトロフィーを授与。高橋組合長は黄金に輝くトロフィーを高々と掲げ、“V10”の偉業に満面の笑みを見せた。
なお、第2位はダービー馬ディープブリランテ、春の天皇賞馬ビートブラックなどを輩出した新冠町軽種馬生産振興会が3年連続。第3位はゴールドシップなどを送り出した門別軽種馬生産振興会となった。

TOP
● 「HBA総代会」開催、事業計画などを決議(3/24)

HBA日高軽種馬農協の「第42回総代会」が3月15日、新ひだか町の新ひだか町公民館・コミュニティセンターで開催された。総代会には荒木正博HBA組合長ら理事のほか、来賓、様似・えりもから平取まで8地区の総代、組合員など約200名が出席。2012年度の事業報告、13年度の事業・収支計画など、上程された8議案を承認したほか、特別決議としてTPP交渉参加断固反対を決議した。
荒木組合長は軽種馬産業を取り巻く環境について「ホッカイドウ競馬は好調だが、福山競馬の廃止など地方競馬は厳しい状況にある。引き続き支援していきたい」と明言。売却総額、売却率とも前年を上回った北海道市場については「多目的ホールの活用など、販売者・購買者双方の利便性向上に努めていきます」と挨拶した。
13年度の北海道市場は4開催10日間で55億9300万円の売り上げを計画。馬主関係者に向けての積極的な宣伝活動を継続するほか、無料バスの運行など、購買意欲の向上に努めていく。また、賦課金は組合員の負担を軽くするため、従来の1万2000円から1万円に減額。老朽化した門別洗浄施設を5000万円以内で建設することを決めた。
任期満了に伴う役員改選では17名の理事、2名の監事を選任。総代会後に役員会が開かれ、3期に渡り指揮を取った荒木組合長が退任し、木村貢副組合長が新組合長に、藤原俊哉理事が新副組合長に選ばれた。

TOP
● 羽月友彦調教師がJRA通算100勝達成(3/24)

24日(日)の阪神競馬第1Rでサクラフェリースが1着となり、同馬を管理する羽月友彦調教師(42歳、栗東)はJRA通算100勝を達成した。重賞は3勝。
羽月師:周りからあと1勝と言われていたので、達成できて嬉しく思います。日頃は厩舎の底力を上げることを心掛けています。うまくいかないことも多いですが、多くの方のお力添えをいただき、100勝を達成することができました。100勝達成までに時間がかかったと思っているので、次の100勝は早く達成できるように頑張ります。

TOP
 

過去のニュース【2013年】
3月 3〜9日 10〜16日 17〜23日    
2月 3〜9日 10〜16日 17〜23日 24〜2日  
1月 6〜13日 14〜20日 21〜26日 27〜2日  
過去のニュース【2012年】
12月 2〜8日 9〜15日 16〜23日 24〜29日 30〜5日
11月 4〜10日 11〜17日 18〜24日 25〜1日
10月 7〜13日 14〜20日 21〜27日 28〜3日
powered by keibabook