NEW調教での動きにほれた「追い切り注目穴馬!」危険度」を新設しました!危険な人気馬がわかるようになりました。
  (危険馬がいる場合掲載)

調教情報 【辻三蔵】
2017年12月17日(日)阪神11R 朝日杯FS
調教推奨馬タワーオブロンドン、ステルヴィオが3、2着に好走!

毎週「追い切り注目穴馬!」が見たい方は

 
阪神

 

阪神
朝日杯FS(G1) 阪神・日曜11R 芝1600m
タワーオブロンドン
調教情報

ルメール 12.13 美浦南坂路 良 1回 53.2 38.5 24.6 12.1 馬なり余力

美浦坂路でルメール騎手を背にラスト1F12秒1と鋭く反応 連覇へ前進

 タワーオブロンドンは前走の京王杯2歳Sで2馬身差の快勝。中団追走から強烈な末脚を発揮し、出走馬中最速の上がり3F33秒2を記録。函館2歳S覇者カシアス、小倉2歳S優勝馬アサクサゲンキを一蹴した。外枠での好走が続いたが、馬込みに包まれる競馬も問題なく、レース運びの上手さは一級品。2走前のききょうS(阪神芝1400m)を圧勝しており、コース替わりも心配ない。

 今回は短期放牧を挟んで中5週での出走。放牧先のミホ分場から11月10日に帰厩。坂路中心に調教本数を12本消化。今週13日の美浦坂路にはルメール騎手を背に、1回目のハロー掛け直後の午前8時29分に登坂。先行するティソーナ(古馬1600万)を前に置き、折り合いに専念。直線で内に入れると、ラスト1F12秒1と鋭く反応した。

 調教時計は[4F53秒2−3F38秒5−2F24秒6−1F12秒1馬なり]。

 ムキになる面を一切見せず、大人びた走りを見せた。控えめな調整だった前走(4F56秒5)と比べても気性面の成長を感じる。

 今年、ルメール騎手が藤沢和雄厩舎でレース騎乗馬の直前追い切りに乗った場合、[7−3−2−2](勝率50%、複勝率86%)と好成績を収めている(データは2017年12月11日現在)。勝負手を打った名伯楽が朝日杯連覇を狙う。

 

(14日更新:辻)

阪神
朝日杯FS(G1) 阪神・日曜11R 芝1600m
ステルヴィオ
調教情報

助 手 12.13 美浦南W 良 53.8 40.0 13.0 (3) 馬なり余力

1週前にビシッ、直前馬なりで体調維持 カナロア産駒初G1勝利を決める 

 ステルヴィオダノンプレミアムとの再戦に燃える素質馬。前走のサウジアラビアロイヤルCは16番枠で意識的に下げたことで後方集団を追走。直線では大外から追い込み、2着に奮闘した。上がり3F33秒5は勝ち馬を0秒9上回る最速タイム。内枠を生かしたダノンプレミアムとのコース取りの差は大きく、決して力負けではない。

 今回はリフレッシュ放牧を挟んで2カ月ぶりの出走。放牧先のノーザンファーム天栄から11月25日に帰厩。ウッドコースと坂路を併用して調教本数を6本消化。先週6日の南馬場ウッドコース(6F追い)では3頭併せで一杯に追い、レジェンドセラー(現オープン)に1馬身先着。今週13日の南馬場ウッドコースでは4F追いを敢行。3頭併せの最内に入り、楽な手応えで併入した。

 調教時計は[4F53秒8−3F40秒0−1F13秒0(3)馬なり]。

 ゴール板を過ぎた後、加速を促し、時計以上に負荷を掛けている。1週前にビシッと追い、直前は馬なり調教で体調を整えた。

 前走は追い込む形になったが、好位で競馬ができるのは新馬戦で実証済み。2走前のコスモス賞で重馬場を克服した晴雨兼用の万能タイプだ。新種牡馬ロードカナロア産駒の勝ち名乗り第一号を務めた孝行息子がGI初勝利を決める。

 

(14日更新:辻)


筆者プロフィール

人気馬を【危険視】ぶった斬りで大活躍!
辻 三蔵(つじ さんぞう)(関東馬のみ)
※辻さんには、人気馬も含めた注目馬、危険馬を執筆いただきます

 

レーシングライター、元『ホースニュース馬』美浦所属トラックマン。1974年広島県出身。明治大学卒業後、『ホースニュース馬』社に入社。井崎脩五郎を師と仰ぐが、データの師匠に対して、徹底的な現場主義。馬社休刊後、レーシングライターとして美浦トレセンで取材する日々を送る。『日本経済新聞』、『日本農業新聞』、『優駿』、『サラブレ』などで執筆するほか、グリーンチャンネル「KEIBAコンシェルジュ」「うまラボ〜ランニングフォーム研究所」にレギュラー出演している。


 【今後のテレビ出演】 グリーンチャンネル
『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』  19:30〜21:00

 

毎週「追い切り注目穴馬!」を見たい方は

 

競馬道OnLine/予想&コラム

「プレミアム予想」のサンプルページ

「プレミアム予想」コーナーには、穴のアベコー(阿部幸太郎)、調教の辻三蔵、相場眼の古谷剛彦、血統の栗山求・望田潤、伝説の予想家・穴の池田勇孝氏が考案され、編集部が受け継ぐ穴ロジックなど、あらゆる分野のエキスパートが集結。下の予想タイトルかバナーをクリックすると、「プレミアム予想」のサンプルページを見ることができます。

「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」
「アベコーの飛び出せメインの穴!」
「辻三蔵の大穴ホームラン!」
「古谷剛彦の爽快!本日もナイスショット!」
穴の池田ロジックが炸裂!「穴ロジ出馬表」
穴の池田考案「穴ロジ爆弾◎」
「追い切り注目穴馬」