水野宙のみんなが忘れた見えない法則

開催日ごとに2レース予想する、水野宙の「みんなが忘れた見えない法則」を見たい方は

本日の法則レース1
ダービー(G1) 東京・日曜10R 芝2400m
予想印
◎(14)ドゥラメンテ
○(13)リアルスティール
▲(17)キタサンブラック
△(2)タンタアレグリア
△(7)レーヴミストラル
△(10)ミュゼエイリアン
△(11)サトノクラウン
△(1)サトノラーゼン
△(5)ダノンメジャー
 
買い目
3連単 フォーメーション
1着14・13・17
2着14・13・17
3着14・13・17・2・7・10・11・1・5
(計42点)
馬連 ながし
軸14
相手13・17・2・7・10・11・1・5
(計8点)
まだまだ強くなる◎ドゥラメンテ
皐月賞は前半1000mが59秒2で、ほぼ全てのラップが12秒前半から11秒台で進んだ厳しいレースだった。5着だったクラリティスカイが次走NHKマイルで快勝するなど、そのレベルの高さは疑う余地がない。中心は皐月賞組。イギリスの「レーシングポスト」紙は皐月賞で圧勝した◎ドゥラメンテに対し、123ポンドという高いレーティングをつけた。現3歳世代では世界的に見ても最高クラスの数字である。それだけ皐月賞の勝ち方はインパクトがあった。既に凱旋門賞への一次登録も済ませたらしい。3歳の春にこの一族がクラシックを勝つのは祖母エアグルーヴ以来で、秋のクラシックや古馬になってから本格化してくるイメージが強い。おそらくドゥラメンテはまだまだ強くなるということだ。しかし、全身をつかって伸びてくるチーターのような走法と気性ゆえに距離不安もある。共同通信杯ではドゥラメンテを石橋脩騎手が御しきれず、直線で〇リアルスティールが内から差して勝った。ダービー本番でも前が止まらない馬場ならキタサンブラックとリアルスティールはドゥラメンテより前につけて凌ぎきる競馬をするはずだ。上がり一辺倒の馬は度々間に合わないことがある。皐月賞では強い競馬を見せた3着▲キタサンブラックは逃げ先行馬だが、外枠なので人気を下げている。距離が伸びて良いのはこの馬なので、頭は皐月賞の3着までの3頭にして、前哨戦で上がり最速を出している馬、逃げ先行で連対している馬などを3着に広げてヒモ荒れを期待したい。内枠有利は否めないので穴馬は内枠の馬をつけておこう。

本日の法則レース1
欅S 東京・土曜11R ダ1400m
予想印
◎(11)レッドアルヴィス
〇(5)タールタン
▲(9)ヒメサクラ
△(12)ワンダーコロワール
△(13)エアウルフ
△(16)アンズチャン
△(10)シセイオウジ
 
買い目
3連単 フォーメーション
1着11・5・9
2着11・5・9
3着11・5・9・12・13・16・10
(計30点)
馬連 BOX
11・5・9
(計3点)
このコース・距離は先行力重視◎レッドアルヴィス
東京のダート1400mのスペシャリストが走るレースだが、東京未経験でもダート1400mのオープン好走実績があれば馬券圏内に飛び込んでくる。中心は強い先行馬で、前につけても35秒台前半の上がりの脚が使えるので後方からの馬が届かない。先行馬は人気どおりに買えるが、追い込み馬は人気を裏切ることがあるので軸には不向き。◎レッドアルヴィスは東京では3歳時にユニコーンSを勝ち、武蔵野S6着、京都のすばるSで1400mを2番手につけて上がり3ハロン35秒1で快勝した。前走G1ではまだ力差があったがオープンクラスなら力は上。〇タールタンは去年の勝ち馬で、近走馬券になっていないが、距離や場所が原因とみる。東京の1400mに戻れば力は上位。▲ヒメサクラは同コース11月の銀嶺Sで逃げ切り勝ち。時計も1分23秒2で優秀だったが、逃げて終いの上がり35秒3と2着を0秒6突き放した。休み明けだが同じ走りができれば逃げ切りもある。以下△ワンダーコロワール、△エアウルフ、△アンズチャン、△シセイオウジ

 


 

開催日ごとに2レース予想する、水野宙の「みんなが忘れた見えない法則」を見たい方は

 

筆者プロフィール
水野 宙

水野 宙(みずの そら)

競馬研究家。
最小の投資で最大の利益をモットーに「サラリーマンこそ予想の精度を上げて3連単で勝負すべき」を持論にしている。大量のデータを駆使して勝ち馬、穴馬のパターンを導き出し3連単的中につなげる予想を得意にしている。牝系血統、オッズ解析、タイム指数、コース分析などハイブリッドな要素を組み合わせ、そのレースに最も合った切り口を見つける。
自身のホームページでは100 万馬券を獲るための様々な試みを紹介している。

★100 万馬券、5 重勝単勝式WIN5( ウィンファイブ)
 攻略研究で競馬予想
 http://www5.plala.or.jp/omizu9keiba/
★水野 宙の競馬ブログ  
 http://ameblo.jp/saketoonnatokeiba/

競馬道OnLine新書シリーズ創刊「みんなが忘れたGⅠ勝ち馬、穴馬 見えない法則」
また、「みんなが忘れたGⅠ勝ち馬、穴馬 見えない法則 2014春」でも健筆をふるった。