水野宙のみんなが忘れた見えない法則

開催日ごとに2レース予想する、水野宙の「みんなが忘れた見えない法則」を見たい方は

本日の法則レース1
弥生賞(G2) 中山・日曜11R 芝2000m
予想印
◎(8)トーセンバジル
○(9)クラリティスカイ
▲(11)コメート
△(3)シャイニングレイ
△(7)ジャストフォーユー
 
買い目
3連単 フォーメーション
1着8・9・11・3
2着8・9・11・3
3着8・9・11・3・7
(計36点)
3連複 ボックス
8・9・11・3・7
(計10点)
馬連 ボックス
8・9・11・3・7
(計10点)
皐月賞出走に向けて本気度100%の◎トーセンバジル
例年、弥生賞を勝つのはここで優先出走権を得なければ皐月賞に出られない馬が本気モードで走る。すでに賞金的に足りている馬は本番に向けての調整段階。2013年、1番人気だったエピファネイアの4着などをみてもわかるように、ここで無理する必要はない。(この時の勝ち馬はカミノタサハラで収得賞金は全くなかった)その視点で各馬の収得賞金を見てみると、ほとんどの馬が重賞勝馬で2000万円を超えているため、その馬たちはそのまま皐月賞に出走できそうだ。そんな中、ここで出走権がどうしてもほしい馬は収得賞金900万円の◎トーセンバジルで、前走中山の葉牡丹賞を後方から上がり最速の脚で勝ちきった。注目したいのはその時計で、前半1000mを60秒8で全体時計も2分0秒8と速い。近親にはトーセンジョーダン、トーセンホマレボシなどがいるトーセン軍団のエース牝系だ。そして、今回は逃げ馬として戸崎騎乗の△ジャストフォーユーという同じく賞金が足りていない絶好の逃げ馬がいる。この馬が小倉の2000mで出した前半1000mの時計が59秒4というハイペースなので、弥生賞でもハイペースの底力勝負を演出してほしい。〇クラリティスカイは朝日杯FS3着馬で、いちょうSではレコードタイム。厳しいレースの方が向いている。▲コメートはホープフルSを先行して2着、新潟2歳Sでは息の入らない流れを耐えて0秒4差の4着としぶとい。ここは調整中でも走るかもしれない△シャイニングレイまで。

 

本日の法則レース1
チューリップ賞(G3) 阪神・土曜11R 芝1600m
予想印
◎(15)レッツゴードンキ
○(14)ココロノアイ
▲(12)ロカ
△(3)クルミナル
△(1)アンドリエッテ
買い目
3連単 1頭軸マルチ
軸15
相手14・12・3・1
(計36点)
3連複 ボックス
15・14・12・3・1
(計10点)
馬連 ボックス
15・14・12・3・1
(計10点)
軸は阪神JF好走馬 ◎レッツゴードンキ
過去5年、1番人気が3着を外したのは2013年に紅梅Sを勝って出走してきたレッドオーヴァル1頭だけで、他の4年は1番人気が馬券圏内に残っている。ただし、勝ったのは共に単勝1.1倍のハープスターとレーヴディソールの2頭なので、明らかに力が抜けた馬だけ。軸馬は同じコースの2歳G1阪神ジュベナイルFの好走馬から入ること。連対馬を中心に押さえたい。しかし、この時期はまだ、馬が成長している真っ最中なので、過去にはハナズゴールやショウリュウムーンなど突然走る馬が出てきた。チューリップ賞は阪神ジュベナイルFに比べてスローペースになるため、ハイペースについてこられなかった馬の前残りや、瞬発力のある差し馬には気をつけること。前走などを見て最後に突っ込んでくる上がりの速い馬は頭から買わないと危険だ。◎レッツゴードンキは阪神ジュベナイルFの最先着馬で、賞金は充分にあるが、重賞勝ちがほしいところだ。調教の動きも前走より良化している。マイ注目馬〇ココロノアイの曾祖母マックスビューティはチューリップ賞、桜花賞、オークスを全て勝ったクラシック牝系。祖母も桜花賞、オークスを3着。ココロノアイは底力勝負の阪神ジュベナイルFも3着で、スローなら瞬発力の末脚勝負にも対応できる。▲ロカはここで優先出走権を取らないと桜花賞の出走が危うくなる。鞍上強化でデムーロに乗り替わり。△クルミナルもノーザンファームの期待馬で、エルフィンSを勝って連勝中のディープ産駒なら押さえておきたい。クイーンCで0秒1差の△アンドリエッテまで。コンテッサトゥーレは、社台グループのエースの呼び声高いが、期待されるほど強く感じない。また母エアトゥーレは晩成で、姉アルティマトゥーレは1400mまでの馬だった。牡馬はクラシックで活躍したが、牝馬は?マークなので切る。きたらゴメンナサイ。

 


 

開催日ごとに2レース予想する、水野宙の「みんなが忘れた見えない法則」を見たい方は

 

筆者プロフィール
水野 宙

水野 宙(みずの そら)

競馬研究家。
最小の投資で最大の利益をモットーに「サラリーマンこそ予想の精度を上げて3連単で勝負すべき」を持論にしている。大量のデータを駆使して勝ち馬、穴馬のパターンを導き出し3連単的中につなげる予想を得意にしている。牝系血統、オッズ解析、タイム指数、コース分析などハイブリッドな要素を組み合わせ、そのレースに最も合った切り口を見つける。
自身のホームページでは100 万馬券を獲るための様々な試みを紹介している。

★100 万馬券、5 重勝単勝式WIN5( ウィンファイブ)
 攻略研究で競馬予想
 http://www5.plala.or.jp/omizu9keiba/
★水野 宙の競馬ブログ  
 http://ameblo.jp/saketoonnatokeiba/

競馬道OnLine新書シリーズ創刊「みんなが忘れたGⅠ勝ち馬、穴馬 見えない法則」
また、「みんなが忘れたGⅠ勝ち馬、穴馬 見えない法則 2014春」でも健筆をふるった。