アベコーの飛び出せメインの穴!

的中情報 【アベコー(阿部幸太郎)】
2017年12月28日(木)阪神11R
ベテルギウスS 3連単8-13-1 144,360円的中!
2017年12月28日(木)中山11R
ホープフルS 3連複7-13-15 10,920円的中!

毎週アベコーこと阿部幸太郎の予想が見たい方は

NEW本日の特注穴馬」が2レースに!計3レースでのご提供! 最新の情報に更新

  • 木曜のレース

池田委員長からひとこと

アベコーさんとは年齢も近く、同じ穴予想家として歴史を刻んできた者として感慨深く思います。◎に命をかける熱き予想家アベコーさんに期待しましょう!

 

ホープフルS(G1) 中山・木曜11R 芝2000m

予想印
◎(13)ステイフーリッシュ 3着
○(15)ジャンダルム 2着
▲(11)フラットレー
△(10)ルーカス
△(7)タイムフライヤー 1着
△(8)シャルルマーニュ
△(9)サンリヴァル
△(17)ナスノシンフォニー
買い目
馬連 13⇒15・11・10・7・8・9・17
3連複 軸1頭流し 
軸13 相手15・11・10・7・8
3連単 フォーメーション
1着 13
2着 15・11・10・7
3着 15・11・10・7・8・9・17(計24点)

 前走好内容 ◎ステイフーリッシュ 抜群の末脚を披露する

 今年最後のG1「ホープフルS」です。昨年はレイデオロが優勝。ダービーに繋げましたが、当時2着がマイネルスフェーン。一昨年のハートレー然り、過去の上位馬は直線一気に伸びて来た馬がほとんど。今年も先手を取りたいジュンヴァルロを筆頭に先行タイプが顔を揃えました。そこで注目したのが◎ステイフーリッシュ。前走の中京がデビュー。芝2000mで前半がスロー。好位をキープしたものの外々をまわる形。直線少し寄れる若さを見せたもののラスト11秒7−11秒1−11秒3に鋭く反応。自身のラストが33秒8で突き抜けて圧倒。ゴール前では余裕綽々に1番人気のアイスバブルに2馬身半ポテンシャルの高さを感じます。実戦を1度使われて今週の坂路で古馬オープンのリーゼントロックに先着。格段に良化して来ており楽しみです。


  • ◎ルールソヴァール ベテルギウスS 阪神・木曜11R ダ1800m
    昨年はミツバが直線一気。オリオンザジャパンも追い込んで2着。今年も同じような展開になりそうです。そこで注目したのが◎ルールソヴァール。阪神は初めてになりますが、これまで右回りでは9戦し6連対。問題はありません。そして、これまでの全5勝はすべてダートで稼ぎ出したもの。で、注目すべき一戦が2走前の重賞みやこSテイエムジンソクを相手に2着と健闘。勝ち馬はその直後のG1チャンピオンズCで2着。その比較から考えても胸を張れる内容です。今回はみやこSコンビを組んだ幸騎手が鞍上。サルサディオーネを筆頭に先行馬が揃って末脚がフル回転です。
予想印
◎(8)ルールソヴァール 1着
○(16)タガノエスプレッソ
▲(9)ドラゴンバローズ
△(10)マイネルバサラ
△(13)スリータイタン 2着
△(15)リゾネーター
△(1)シャイニービーム 3着
△(12)アダムバローズ
買い目
馬連 8⇒16・9・10・13・15・1・12
3連複 軸1頭流し 
軸8 相手16・9・10・13・15
3連単 フォーメーション
1着 8
2着 16・9・10・13
3着 16・9・10・13・15・1・12(計24点)

  • ◎エントリーチケット ファイナルS 阪神・木曜12R 芝1400m
    準オープンクラスの芝1400m。この条件にドンピシャの馬が◎エントリーチケットです。3歳馬でキャリア12戦。そして、これまで関西圏では<2211>と抜群の適応力を見せています。うち阪神では3戦2勝。6月の阪神、舞子特別で今回人気のクライムメジャーを撃破1400mの適性も見せました。さらに準オープン初戦の豊明Sで出遅れながら0秒1差まで肉迫。春当時は420キロ台まで激減したのが、前走の中京、浜松Sで448キロ。それでラスト33秒1の瞬発力を披露。今回は走り頃の3走目、ベストの阪神が舞台で狙い撃ちです。
予想印
◎(8)エントリーチケット
○(5)クライムメジャー
▲(9)ヴェネト
△(11)スマートカルロス
△(2)マイネルパラディ
△(13)ニシノラッシュ
△(1)ルグランパントル
△(10)ベルディーヴァ
買い目
馬連 8⇒5・9・11・2・13・1・10
3連複 軸1頭流し 
軸8 相手5・9・11・2・13
3連単 フォーメーション
1着 8
2着 5・9・11・2
3着 5・9・11・2・13・1・10(計24点)

 

 

筆者プロフィール
阿部幸太郎(アベコー)

阿部幸太郎(アベコー)

競馬評論家。名物コラム「アベコーの穴党専科」で一躍人気を集めた「ホースニュース 馬」記者で、この時期、UHFテレビ「中央競馬ワイド中継」の「アベコーの穴党専科」でも人気を博した。その後、「夕刊フジ」に移籍。予想コラム「アベコーのハッピー競馬」を担当した。フリーとなってからは内外タイムスでも予想とコラム「アベコーのハッピー競馬」を連載。 現在はグリーンチャンネルやBSフジ「競馬大王」にコメンテーターとして出演中。
また、Blog「アベコーのハッピー競馬」携帯電話サイト「アベコーの競馬大予想」をオープン。穴党のためにまさに八面六臂の活躍だ。

 

 

Blog「アベコーのハッピー競馬」(http://blog.keibado.ne.jp/abeko/) 携帯電話サイト「アベコーの競馬大予想」(http://abekoh.net)

 


毎週アベコーこと阿部幸太郎の予想が見たい方は

 

競馬道OnLine/予想&コラム

「プレミアム予想」のサンプルページ

「プレミアム予想」コーナーには、穴のアベコー(阿部幸太郎)、調教の辻三蔵、相場眼の古谷剛彦、血統の栗山求・望田潤、伝説の予想家・穴の池田勇孝氏が考案され、編集部が受け継ぐ穴ロジックなど、あらゆる分野のエキスパートが集結。下の予想タイトルかバナーをクリックすると、「プレミアム予想」のサンプルページを見ることができます。

「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」
「アベコーの飛び出せメインの穴!」
「辻三蔵の大穴ホームラン!」
「古谷剛彦の爽快!本日もナイスショット!」
穴の池田ロジックが炸裂!「穴ロジ出馬表」
穴の池田考案「穴ロジ爆弾◎」
「追い切り注目穴馬」